浦河中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦河中継局(うらかわちゅうけいきょく)は、北海道浦河郡浦河町絵笛の井寒台にあるテレビFMラジオ中継局である。

概要[編集]

  • 当中継局は、浦河町絵笛185番地の井寒台に置かれ、浦河地方の広範囲に電波を発射している。
  • ここでは、同町内にある浦河常盤中継局浦河柏中継局NHK浦河町内単独中継局(西舎中継局・野深中継局・荻伏中継局・浦河東中継局)も合わせて記載する。

浦河中継局[編集]

地上デジタルテレビ放送送信設備[編集]

浦河中継局
(民放・TVhは
アナログも)
ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
1 HBC
北海道放送
15 50W 320W 北海道 約8,600世帯 水平偏波 2009年
1月16日
2 NHK
室蘭教育
13 420W 全国
3 NHK
室蘭総合
18 胆振日高
5 STV
札幌テレビ放送
28 320W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
14 340W
7 TVh
テレビ北海道
19
8 UHB
北海道文化放送
30

地上アナログテレビ放送送信設備[編集]

浦河中継局
(NHK)
浦河中継局
(HBC・STV)
浦河中継局
(HTB)
浦河中継局
(UHB)
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
2 NHK
室蘭教育
映像100W/
音声25W
映像520W/
音声130W
全国 不明 垂直偏波
4 HTB
北海道テレビ放送
映像500W/
音声125W
北海道
7 STV
札幌テレビ放送
映像490W/
音声120W
9 NHK
室蘭総合
映像490W/
音声120W
胆振・日高・
後志管内黒松内町
11 HBC
北海道放送
映像490W/
音声120W
北海道
24 TVh
テレビ北海道
映像500W/
音声125W
映像4.8kW/
音声1.2kW
北海道 水平偏波
26 UHB
北海道文化放送
映像4.9kW/
音声1.2kW
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

FMラジオ放送[編集]

周波数
MHz
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
86.1 NHK
室蘭FM
100W 420W 胆振・日高・
後志管内黒松内町
不明 垂直偏波

浦河柏中継局[編集]

地上デジタルテレビ放送送信設備[編集]

浦河柏中継局
ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
1 HBC
北海道放送
47 19mW 100mW 北海道 約800世帯 水平偏波 2010年
11月30日
2 NHK
室蘭教育
43 105mW 全国
3 NHK
室蘭総合
41 胆振・日高
5 STV
札幌テレビ放送
48 100mW 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
39 105mW
7 TVh
テレビ北海道
45 100mW
8 UHB
北海道文化放送
37 105mW

地上アナログテレビ放送送信設備[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
34 UHB
北海道文化放送
映像100mW/
音声25mW
映像250mW/
音声61mW
北海道 不明 水平偏波
36 HTB
北海道テレビ放送
38 STV
札幌テレビ放送
40 NHK
室蘭教育
全国
42 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
44 HBC
北海道放送
北海道
46 TVh
テレビ北海道
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

浦河常盤中継局[編集]

地上アナログテレビ放送送信設備[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
33 UHB
北海道文化放送
映像100mW/
音声25mW
映像250mW/
音声61mW
北海道 不明 水平偏波
35 HTB
北海道テレビ放送
37 STV
札幌テレビ放送
39 HBC
北海道放送
41 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
43 NHK
室蘭教育
全国
45 TVh
テレビ北海道
北海道

NHK浦河町内単独中継局[編集]

荻伏中継局[編集]

荻伏中継局
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
44 NHK
室蘭総合
映像1W/
音声250mW
映像14.5W/
音声3.7W
胆振・日高・
後志管内黒松内町
不明 水平偏波
46 NHK
室蘭教育
全国
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

西舎中継局[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
50 NHK
室蘭教育
映像10W/
音声2.5W
映像110W/
音声27W
全国 不明 水平偏波
52 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

野深中継局[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 NHK
室蘭教育
映像3W/
音声750mW
映像46W/
音声11.5W
全国 不明 水平偏波
51 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

浦河東中継局[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 NHK
室蘭教育
映像1W/
音声250mW
映像1.6W/
音声400mW
全国 不明 水平偏波
51 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

地上デジタル放送での対応[編集]

  • 浦河中継局は2009年1月に放送開始。
  • 浦河柏中継局と浦河常盤中継局
    • 浦河柏中継局は2010年11月30日に開局。民放は当初自力建設困難だった。
    • 浦河常盤中継局は当初、浦河中継局のカバー状況を見ながら2010年に開局する予定だったが、2009年9月に浦河中継局でカバー出来ることが分かったために「置局不要」となった。
  • NHK浦河町内単独中継局
    • 西舎中継局・野深中継局は当初2010年開局で作業が進められていたが、結局有線放送でカバーすることになった[1]
    • 浦河東中継局と荻伏中継局は「置局不要」(浦河東中継局)と元々開局予定なし(荻伏中継局)となっていた。

放送エリア[編集]

  • 浦河町・新ひだか町三石全域。なお、TVhはえりも町にアナログ中継局を設置していない(デジタルはえりも町内の3中継局とも2010年12月24日に開局[2])が、TVhの視聴を目的として浦河中継局にアンテナを向けている世帯も存在する(ただし、えりも町の場合、えりも岬から北東方向の地域では事情が異なる)。
  • ちなみに、テレビ東京ホームページのメディアデータの項目にあるTVhの放送エリアでは、えりも町の一部地域も放送エリア(受信可能エリア)内に入っており、色付けされている。えりも町は様似中継局が距離的には近いが、出力は浦河中継局のほうが高い。

放送局の管轄[編集]

  • NHK・HTBは室蘭放送局管轄下(HTBアナログのみ音声多重放送非実施)。そのほかは札幌放送局管轄下(音声多重放送実施)。
  • なお、地上デジタル放送ではHTBを含め全局音声多重放送を実施する。

施設[編集]

  • 浦河中継局の建物は5つあり、以下の用途に分かれている。
    • (1)NHK単独(アナログ・デジタル・FM)。(2)HBC・STV共同使用(アナログ)。(3)HTB単独(アナログ)。(4)UHB単独(アナログ)。(5)TVh(アナログ)および同局を含む在札民放各局のデジタル放送において共同使用。そのため、TVhを除く民放各局のアナログ放送施設のみ2011年7月24日のアナログ放送終了とともに運用を終える予定である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 2011年1月に更新された、NHK北海道送信所・中継局の開局予定ロードマップ
  2. ^ 広報えりも2010年4月号(5ページ・「みんなで歩む協働のまちづくり」の2つ目・沢町テレビ中継局の整備とTVh放送の開局)

関連項目[編集]