浜通り方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜通り方言(はまどおりほうげん)とは、福島県浜通りで使用されている日本語の方言である。東北方言南奥羽方言)の一種である。

大別すると、岩城弁(いわきべん)と相馬弁(そうまべん)の二つに分けられる[1]。岩城弁と相馬弁の境は、旧楢葉郡と旧標葉郡の境にあたる夜ノ森である。夜ノ森は、戦国時代には岩城氏領と相馬氏領の境であり、江戸時代には磐城平藩中村藩の境でもあった。

なお、浜通りの北端にある新地町は、江戸時代に仙台藩領であり、その大部分は亘理城主・伊達藤五郎の所領であったため、隣接する宮城県亘理郡と同種の仙台弁(仙南方言)が使用されている。

浜通り方言を使う著名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学4 -北海道・東北地方の方言-』366-370頁(国書刊行会、1982)

外部リンク[編集]