浜田博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜田 博文(はまだ ひろふみ、1961年 - )は、日本教育学者博士(教育学)筑波大学[1]。専門研究領域は学校経営学[1]

経歴[編集]

山口県下関市生まれ[1]広島市立牛田小学校牛田中学校広島基町高等学校卒業[1]1984年筑波大学第二学群人間学類卒業[1]1989年、同大学院博士課程教育学研究科単位取得退学[1]。日本学術振興会特別研究員、鳴門教育大学東京学芸大学講師・助教授を経て1998年筑波大学講師[1]2002年助教授[1]

1996年3月~1996年9月、アメリカ合衆国バリー大学客員研究員[2]2005年3月~2006年3月、アメリカ合衆国南カリフォルニア大学客員研究員[2]2007年2月、博士(教育学)取得[2]2008年7月筑波大学大学院人間総合科学研究科教育基礎学専攻教授[2]

2016年日本教育経営学会会長に就任。

著書[編集]

  • 『アメリカにおける学校認証評価の現代的展開』(東信堂、2014年)
  • 『学校を変える新しい力―教師のエンパワーメントとスクールリーダーシップ』(編著、小学館、2012年)[1]
  • 『次代を拓くスクールリーダー』(共著、ぎょうせい、2011年)[1]
  • 『「新たな職」をいかす校長の学校経営』(編著、教育開発研究所、2010年)[1]
  • 『「学校の組織力向上」実践レポート』(編著、教育開発研究所、2009年)[1]
  • 『学校教育論』(共著,日本放送出版協会,2008年)[1]
  • 『「学校の自律性」と校長の新たな役割』(単著、一藝社、2007年)[1]
  • 『学校経営研究における臨床的アプローチの構築』(共編著、北大路書房、2004年)[1]
  • 『校長の資格・養成と大学院の役割』(共著、東信堂、2004年)[1]
  • 『「大学における教員養成」の歴史的研究』(共編著、学文社、2001年)[1]
  • 『学校の組織文化を変える』(共著、ぎょうせい、2001年)[1]
  • 『諸外国の教育改革と教育経営』(共著、玉川大学出版部、2000年)[1]
  • 『東京学芸大学五十年史 通史編』(共著、東京学芸大学創立五十周年記念事業後援会、1999年)[1]

脚注[編集]