浜松市麻雀店放火殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浜松市麻雀店放火殺人事件(はままつしマージャンてんほうかさつじんじけん)とは、2009年11月に静岡県浜松市で発生した放火殺人事件。合計4人が死亡した。未解決事件でもある。

概要[編集]

2009年11月17日午前3時半ごろ、静岡県浜松市中区高丘東の麻雀店「金ちゃん」から出火し全焼。男性4人が負傷し病院に搬送され、そのうち1人が避難する際に頭を打ち脳挫傷で死亡。現場からは男性客3人の焼死体が見つかった。

その後の浜松中央署捜査本部捜査によると、火元と見られる1階中央部に設置されていたストーブや電気配線の点検はしたものの、出火当時は設置されていたストーブは使用されておらず、火の気がなかったために、放火の疑いで調べており、捜査本部は「出火直前まで火の気がなく、火の回りも早かった」と発表している[1]

さらに出火当時は、1階正面玄関は施錠されており、裏口からのみ出入り可能だったという。出火直前の午前3時ごろに2階にいた従業員は、当時無人だった1階の扉の開閉する音を聞いていた[1]

一方で出火の約1時間前の午前2時半頃に、3人組の男が黒い乗用車を出火した麻雀店付近の駐車場にエンジンをかけたまま駐車し、近くの飲食店と出火した麻雀店を2回往復しているのを近所の人が目撃している。現場近くは深夜から未明までは人通りが少ないので不思議に感じたという[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b msnニュース『浜松麻雀店火災 ストーブは未使用 不審火との関連捜査』2009.11.19より
  2. ^ msnニュース『不審な男と車両を目撃 黒い乗用車の3人組』2009.11.18より