浜松市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜松市警察(はままつしけいさつ)は、かつて存在した静岡県浜松市自治体警察

概要[編集]

従来の静岡県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日浜松市警察署が設置された。

浜松市が周辺の町村を合併した事に因って浜松市警察が受け持つ地域が拡大した事を受け、1954年(昭和29年)3月に東警察署を新設し、警察本部として浜松市警察本部を設置した[1]

1954年(昭和29年)7月1日新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として静岡県警察本部が発足。浜松市警察も静岡県警察に統合され、姿を消した[2]

警察署[編集]

浜松市警察が発足した時点では浜松警察署を本署とし(国家地方警察浜名地区警察署との共有)、その下に警務、刑事、警備の3課を設置。巡査部長派出所4箇所、巡査派出所19箇所、定員は警視1名、警部1名、警部補7名、巡査部長27名、巡査167名の計203名の人員であった[3]

  • 1952年(昭和27年)時点
  • 中央警察署
  • 東警察署

脚注[編集]

  1. ^ 浜松市警察署の改革(浜松市史)”. 浜松市. 2018年2月2日閲覧。
  2. ^ 静岡県警察の誕生(浜松市史)”. 浜松市. 2018年2月2日閲覧。
  3. ^ 浜松市警察署(浜松市史)”. 浜松市. 2018年2月2日閲覧。

関連項目[編集]