浜口恵俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜口 恵俊(はまぐち えしゅん、1931年8月13日 - 2008年12月)は社会学者国際日本文化研究センター名誉教授滋賀県立大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。龍谷大学文学部助教授、大阪大学人間科学部助教授・教授、国際日本文化研究センター教授、滋賀県立大学教授を歴任。

1982年の著書『間人主義の社会日本』でサントリー学芸賞を受賞した。

2008年12月に死去。享年77。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「日本らしさ」の再発見』 (日本経済新聞社、1977年)のち講談社学術文庫 
  • 『集団主義 日本らしさの原点』(至文堂、1980年
  • 『間人主義の社会日本』(東洋経済新報社、1982年)
  • 『日本人の間柄』(至文堂、1987年
  • 『日本型信頼社会の復権―グローバル化する間人主義』(東洋経済新報社、1996年
  • 『日本研究原論―「関係体」としての日本人と日本社会』(有斐閣、1998年
  • 『「間(あわい)の文化」と「独(ひとり)の文化」 比較社会の基礎理論』 (知泉書館、2003年

編著[編集]

  • 『日本人にとってキャリアとは 人脈のなかの履歴』編著(日本経済新聞社、1979年
  • 公文俊平共編『日本的集団主義 その真価を問う』(有斐閣、1982年)
  • 『高度情報社会と日本のゆくえ』編著(日本放送出版協会・NHKブックス、1986年
  • 『国際化と情報化―比較文明学の視点から』編著(日本放送出版協会・NHKブックス、1989年
  • 『日本型モデルとは何か―国際化時代におけるメリットとデメリット』編著(新曜社、1993年
  • 『日本文化は異質か』編著(日本放送出版協会・NHKブックス、1996年)
  • 『世界のなかの日本型システム』編著(新曜社、1998年)
  • 『日本社会とは何か―<複雑系>の視点から』編著(日本放送出版協会・NHKブックス、1998年)
  • 『寅さんと日本人―映画「男はつらいよ」の社会心理』(知泉書館、2005年) 金児暁嗣との共編著

翻訳[編集]

  • F.L.K.シュー『比較文明社会論 クラン・カスト・クラブ・家元』作田啓一共訳 培風館 1971