浅野起州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅野 起州
浅野 起州の画像
プロフィール
リングネーム 浅野 起州
本名 浅野 金六
誕生日 (1952-10-01) 1952年10月1日(66歳)
出身地 宮城県岩沼市
所属 I.W.A.JAPAN
代表取締役社長
テンプレートを表示

浅野 起州 (あさの たつくに、1952年10月1日 - )は、日本実業家。本名:浅野 金六(あさの きんろく)。

経歴[編集]

出身は宮城県であり、当初は地元で事業を行っていたものの行き詰ったことから、23歳の時に上京。朝は定食屋、昼は喫茶店、夜はキャバレーでレジ係として働いて資金を貯めて、数年後に新宿2丁目に第1号店を開店したとされる。

最盛期には新宿を含めて27店(新宿のみで24店)を構え、本屋、蕎麦屋、居酒屋等を運営していたものの、現在は約10店舗に集約されている(尚、店舗の多くは転貸としており、IWA・JAPANに選手として在籍していたチョコボール向井が経営する店舗も浅野が転貸しているとのこと)。浅野自身が運営する店舗としてはお食事処 花膳が最も知られており、I.W.A.JAPANの記者会見場としても度々登場している。

また、過去には全日本プロレス全日本女子プロレスの興行プロモーターとしての経験もあり、この関係もあってプロレスリング・ノア首脳との繋がりは深く、現在ノアで行われている「のあのあくじ」も、在庫処分で儲かるからと浅野が勧めたものである(後にノアと姉妹団体の関係にあったZERO1の「ぜろぜろくじ」、元IWA・JAPANのさくらえみが旗揚げしたアイスリボンの「わらびくじ」など同様の企画が行われている)。一方、全女では経営危機に伴う選手大量離脱の際に、IWA・JAPAN所属の女子選手を助っ人として参戦させている。

IWAジャパンとは当初後援者の内の1人という立場であったが、同団体の経営が迷走する中で1999年頃よりIWA・JAPANの代表取締役に就任、2000年2月には「レスラーデビュー」も果たしている。そのため週刊プロレスの選手名鑑でも選手と同様プロフィールが公開されている。IWA・JAPANはエンターテインメント色を打ち出した運営でマニア層からの支持を受け、小規模ながら新宿FACE等を会場として継続的に興行を実施。また、浅野自身も東京スポーツの毎週火曜日「ファイトクラブ」のコーナーで不定期に相談コラムを執筆する等、幅広く活動していた。

しかし、2014年2月に脳梗塞を発症。通院治療により症状は収まったものの、以後も体調面に不安を抱えていることから、2014年10月13日の新宿FACE大会をもって浅野は引退し、IWAジャパンも活動を休止する方針となった[1]

備考[編集]

IWA・JAPANでは浅野自身が身体を張った「新宿2丁目劇場」が有名。「ファイアー攻撃」取得用に浅野が口に含んだ灯油を飲み干した騒動(1999年10月)やフレディー・クルーガーによる浅野をバイクで轢き逃げした騒動(2000年2月)等、散々な目に遭っている。

脚注[編集]

  1. ^ IWAジャパン活動休止へ 浅野社長引退で20年の歴史に幕”. 東京スポーツ (2014年9月30日). 2014年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]