浅野中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅野学園から転送)
移動先: 案内検索
浅野中学校・高等学校
Asano Junior & Senior High School.JPG
過去の名称 浅野綜合中学校
浅野学園中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人浅野学園
校訓 愛と和
九転十起
設立年月日 1920年(大正9年)1月20日
創立者 浅野總一郎
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 14511E
所在地 221-0012
神奈川県横浜市神奈川区子安台一丁目3番1号
公式サイト 浅野学園 浅野中学・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

浅野中学校・高等学校(あさのちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、神奈川県横浜市神奈川区子安台一丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校[1]

概要[編集]

実業家浅野總一郎大正期アメリカを視察し、フォード・モーター等米国の有力企業で人材教育が重視されていることを受け、当時の日本の教育が教養主義に偏っているのを憂い、1920年大正9年)淺野綜合中學校を設立。実学主義に基づく幅広いバランスの取れた教育を行うという新しい理念をもって創立された学校である。旧校名である浅野綜合中学の「綜合」には、教養主義に陥らない幅広い知識と実践的指導力を身に付けさせるという意味が込められている。勤労主義に基づいた教育(ゲーリーシステム)を導入、学校内に実習工場を設置し、実践的な技術教育と語学教育を特色とする、革新的システムを取り入れた。教養と高度な職業能力を併せ持ち、リーダーシップを発揮しうる人材を浅野財閥各社をはじめとする企業へ供給するということを意図していた。

戦後学制改革に伴い旧制中学を改組し中高一貫体制を確立、進学校を志向する。1980年代頃より難関大学への進学実績を伸ばしている。神奈川の男子私立御三家の一つに数えられている。

立地[編集]

京浜工業地帯横浜ベイブリッジを眼下に見渡す高台に位置し、曇天でもよく見える。晴れた日には遠くに富士山を望むこともできる。58,655m2の広大な敷地を有し、そのほぼ半分は浅野総一郎翁像がある「銅像山」と呼ばれる自然林に占められ、豊かな緑で包まれている。校地の東側に隣接する「子安台公園」は、戦前まで校地の一部であったが、戦時中に陸軍に高射砲陣地として接収され、返還されることなく公有地となったものである。

校風[編集]

旧制中学時代からの質実剛健・バンカラ気質であるといわれている。

中高一貫教育であり、クラブ活動への参加率も高く、教員の多くが本校OBでもあることから人的結び付きが強くアットホームな雰囲気が醸成されている。第三代以降の歴代校長は本校OBである。

神奈川県内の私立中学・高校にあって、戦後生まれのミッションスクールである栄光学園聖光学院サレジオ学院や、大規模新興校である桐蔭学園桐光学園、仏教系の鎌倉学園、大学まで一貫の慶應義塾各校とは異なった校風であり、私学ではあるが県立高校に似た雰囲気を持っている。

制服は古くから中高ともに黒の詰襟で、かつては制帽もあった。

教育方針[編集]

概要[編集]

自主独立の精神義務責任の自覚、高い品位と豊かな情操を具えた、心身ともに健康で、創造的な能力を持つ、逞しい人間の育成に努める。

校訓[編集]

と和
同志社から招聘され、クリスチャンでもあった初代校長水崎基一の教育理念が反映されている。
九転十起(きゅうてんじっき)
創立者浅野總一郎座右の銘

スローガン[編集]

  • 各駅停車
  • 文武両道
    部活勉強の両立を目標としている。
    学業に偏らず、自由で多様な個性が伸ばされている当校の校風を表す言葉ともいえる。

校章[編集]

3つのAと月桂樹から形作られている。

Aは浅野の頭文字であると同時に“一番・優秀”の象徴であり、3は“智・仁・勇”“天・地・人”を意味している。「常に誇り高き勝利者たれ」という生徒たちへの願いが込められている。

カリキュラム[編集]

特色として、希望大学への進学を実現するための6ヵ年カリキュラム授業を基本にした効率的な指導、実績に裏付けられたオリジナルテキストの利用、の3点が挙げられる。

クラブ活動[編集]

体育系17部、文化系12部。任意加入である。

戦前~戦後間もない頃は神奈川県内屈指の野球の強豪校として知られ、甲子園に春1回・夏3回出場している。最高位は全国ベスト8。戦後は、夏の県大会優勝1回(甲子園出場)、同ベスト4が2回、秋季県大会優勝3回、春季県大会優勝1回。

棋道部は近年、文部科学大臣杯中学校囲碁団体戦全国大会で好成績(第3回大会はベスト8、第4回大会は優勝、第5回大会は準優勝)を収めている。

サッカー部、ジャグリング部、ボクシング部は全国大会や世界大会などで好成績を収め、演劇部や登山部、ディベート部も規模の大きな大会で好成績を収めている。

施設[編集]

校内[編集]

敷地内には、グラウンド、本館、中学棟、高校棟、講堂、生徒ホール、図書館(清和書林)体育館(打越アリーナ)、第1広場、多目的コート、部室(クラブハウス)、テニスコート(2面)、ハンドボールコート、浅野總一郎翁の銅像がある。地下2階、地上5階建ての高校棟は最新機器を導入したコンピュータ室、120インチビデオプロジェクターを備えた語学演習室をはじめ先進の教育環境を整えている。2007年春には中学棟に新しくエレベーターが設置されるなどバリアフリー化も進んでいる。スポーツ施設が各種整い、クラブ活動や体育の授業に活用されている。2014年には開校95周年を記念した独立した図書館(清和書林)、バスケットコート2面、バレーコート4面、バドミントンコート12面相当のアリーナ、それぞえ2面ずつの柔道場・剣道場、10台の台のある卓球場、1面のボクシングリング、30メートル×2レーンのアーチェリー場、温水・ヒーター付の25メートル×8の室内プール(冬場は暖房費がかかるので使用不可)を備え、冷暖房完備の体育館(打越アリーナ)が建設された。なおこの体育館は県内有数の規模を誇り、アーチェリー場を除くすべての施設は公式試合を行う際の基準を満たしたものとなっている。

銅像山と浅野翁像[編集]

銅像山とは、校地の南東に位置する小高い山。頂上には浅野總一郎翁の巨大な銅像が置かれている。台座には、浅野總一郎が設立に関与した各企業名等の記された銘版が埋め込まれ、彼の業績が讃えられている。山頂は駐車場としても利用される広場になっており、浅野翁の開拓した京浜工業地帯を見下ろせる。

銅像山西側斜面には昭和後期まで防空壕がそのまま残されていた。防空壕はエスケープポイントして活用されていた時期もあった。

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)
    • 1月 - 淺野綜合中學校の設置が認可。
    • 4月 - 初代校長に水崎基一就任
  • 1923年(大正12年)
    • 実習場が建設され、工場実習が課外必修となる
    • 9月 - 関東大震災により校舎の大部分が倒壊
  • 1924年(大正13年)5月 - 浅野總一郎翁の初代銅像落成
  • 1925年(大正14年)5月 - 校内にコンクリート工法講習所(現在の浅野工学専門学校の前身)開設
  • 1937年昭和12年)
  • 1938年(昭和13年)
    • 7月 - 第二代校長に神名勉聰就任
    • 8月 - 第24回全国中等学校野球選手権大会出場、ベスト8
  • 1939年(昭和14年)3月 - 第16回選抜中等学校野球大会出場
  • 1943年(昭和18年) - 戦時協力のため初代銅像供出
  • 1945年(昭和20年)5月 - 空襲により木造校舎の全部を焼失
  • 1947年(昭和22年)3月 - 新学制により浅野学園中学校を設置
  • 1948年(昭和23年)
  • 1951年(昭和26年)
    • 3月
      • 私立学校法の制定により財団法人が発展解消し、学校法人浅野学園となる。
      • 浅野学園高等学校および浅野学園中学校を、それぞれ浅野高等学校浅野中学校と改称する。
  • 1959年(昭和34年)6月 - 循環式プール建設
  • 1964年(昭和39年)9月 - 体育館竣工
  • 1965年(昭和40年)11月 - 球戯場竣工
  • 1967年(昭和42年)6月 - 学園長に神名勉聰、第三代校長に濱野駿吉就任
  • 1970年(昭和45年)1月 - 創立50周年、理科館・食堂設置
  • 1971年(昭和46年)10月 - 校地が神奈川県愛護林鳥獣保護区に指定される
  • 1972年(昭和47年)1月 - 格技場(剣道場)竣工
  • 1978年(昭和53年)4月 - 第四代校長に石山延雄就任
  • 1984年(昭和59年)
    • 5月 - 新格技場(柔道場)竣工
    • 9月 - ハードテニスコート竣工
  • 1985年(昭和60年)9月 - 第1回打越祭(文化祭体育祭)開催
  • 1987年(昭和62年)3月 - 高校新校舎(現中学校舎)竣工
  • 1990年平成2年)1月 - 第五代校長に山口敬三就任
  • 1994年(平成6年)9月 - 第六代校長に石橋義史就任
  • 1995年(平成7年)7月 - 本館・中学・高校新校舎竣工、食堂閉鎖
  • 2000年(平成12年)1月 - 創立80周年
  • 2002年(平成14年)4月 - 学園長に石橋義史、第七代校長に淡路雅夫就任
  • 2004年(平成16年)3月 - 学園長石橋義史退任
  • 2006年(平成18年)2月 - クラブハウス竣工
  • 2010年(平成22年)4月 -第八代校長に阿部義広就任
  • 2014年(平成26年)6月 - 清和書林(図書館)竣工
  • 2014年(平成26年)11月 - 打越アリーナ(体育館)竣工
  • 2016年(平成28年)4月 -第九代校長に前田渉就任
  • 2016年(平成28年)9月 -メイングラウンドが人工芝化される

校歌[編集]

作詞・高野辰之、作曲・信時潔

旧制浅野綜合中学時代に制定された。戦時中、3番の「身を立て道を尽くして後に…」の部分が「身を立て国に尽くして後に…」に変更されていた。浅野学園同窓会ホームページで、聴くことができる。

交通[編集]

JR京浜東北線新子安駅京急新子安駅より徒歩8分。

著名な出身者[編集]

政治
経済・経営
学術・教育
文化・芸術
スポーツ
報道・マスコミ
歴代学校長
  • 浜野駿吉(第三代:大正14年卒)
  • 石山延雄(第四代:昭和6年卒)
  • 山口敬三(第五代:昭和18年卒・化学)
  • 石橋義史(第六代:昭和29年卒・現代文)
  • 淡路雅夫(第七代:昭和38年卒・政治経済)
  • 阿部義広(第八代:昭和44年卒・現代文)
  • 前田渉 (現校長:昭和51年卒・英語)

関連項目[編集]

脚注および参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浅野中学校の学校情報(中学受験パスナビ)旺文社)の冒頭に「※系列高校での募集はない」を記載されている。

外部リンク[編集]