浅賀長兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅賀長兵衛

浅賀 長兵衛(あさか ちょうべえ、1883年明治16年)7月30日[1] - 1945年昭和20年)4月13日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)。弁護士

経歴[編集]

東京府北豊島郡滝野川村(現在の東京都北区)出身[3]第一高等学校を経て、1910年(明治43年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、弁護士を開業した[4]。滝野川町会議員、北豊島郡会議員、東京府会議員、同参事会員に選出された[3]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第15回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その他に帝国種苗殖産株式会社取締役を務めた[3]

日本福祉大学教授ソーシャルワーカー浅賀ふさは妻[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、2頁。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ 『日本弁護士総覧 第二巻』
  5. ^ 『日本女性人名辞典』日本図書センター、1993年。

参考文献[編集]

  • 『日本弁護士総覧 第二巻』東京法曹会、1912年。
  • 『衆議院要覧(乙) 大正十三年十二月』衆議院事務局、1924年。