浅見昇吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅見 昇吾(あさみ しょうご、1962年 - )は、日本哲学者上智大学外国語学部ドイツ語学科教授。

略歴[編集]

1985年慶應義塾大学文学部卒業。1988年同大学院文学研究科修士課程修了。

慶大講師を経て、2004年より上智大学外国語学部に赴任[1]上智大学生命倫理研究所所長を兼任[2]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『死ぬ意味と生きる意味』(上智大学出版, 2013年)
  • 『「終活」を考える』(上智大学出版, 2017年)

共編著[編集]

訳著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『教養としての応用倫理学』(丸善出版、2013年)
  2. ^ 浅見 昇吾 - 上智大学教員教育研究情報データベース