浅草ジンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅草ジンタ(あさくさジンタ)は、日本の民族遺伝子を音にジャンルの枠を超えて、大胆に新時代のロックとして昇華させたロックバンドである。その音楽を、自らエジャニカと称し、浅草を拠点に世界へとグローバルな活動を行っている。ロックバンドとしての演奏の他、浅草の路上ではアンプ内蔵のレトロなサイドカー付き自転車でのマーチングバンド演奏も行っている。

2004年1月 三遊亭小遊三の命名によりバンド名が「浅草ジンタ」となると同時に、前代未聞の落語芸術協会客員ロックバンドとなり、伝統文化に音で貢献。

2007年は海外初凱旋ツアーを敢行。SXSW Japan Nite Tourで、ニューヨークをはじめアメリカ8都市10公演。ヨーロッパにおいては、はストックホルムカルチャーフェスティバルを始めフィンランド、オランダで公演。

2008年4月「地獄の五連発リリース」をスタート。5ヶ月連続新作マキシシングルを発表。8月ヨーロッパで最大級のロックフェスティル“LOWLANDS”に出演。MGMT,The Ting Tings等と同ステージの4500人収容INDIAテントを満員に。

2009年3月に二度目のUSツアー。テキサス、ニューヨークにてSXSW Japan Nite Tour、BrooklynのSouthpawで単独ライヴ。ツアー中3rdアルバム『刹那』をリリース、帰国後に"keep on the hard marching tour"と称し国内ツアーを実施。6月14日@渋谷club asia で満員御礼のツアーファイナルを迎える。

7月には国内大型フェス初参加となるFUJI ROCK FESTIVAL '09に出演。 同年10月、UKツアーを敢行。 ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、グラスゴーで計8公演を行い、地元オーディエンスから熱狂的なリアクションを得る。その後、この模様を収めたドキュメントDVD『fish&chips』をリリース。

2011年7月 アルバム『闇夜でダンス』を発売し、フジロック出演を果たすなど着実にローカルグローバルな活動を ビルドアップしている。

2012年11月 ニューアルバム「NIP POP」発売  

メンバー[編集]

音源[編集]

  • 今日は凶です恐怖です (2000年4月25日) - 百怪ノ行列名義
  • 浅草キケン野郎 (2002年2月21日) - 百怪ノ行列名義
  • ここは浅草、恋の番外地 (2003年3月21日) - 百怪の行列名義
  • 浅草ロック (2005年1月26日)
  • 浅草音頭 (2005年8月24日)
  • 芸協音づくし (2005年12月28日)
  • あしゅらの道の真ん中で/猫目小僧 (2006年5月24日)
  • ゼロの空〜Sky "Zero" (2007年1月20日)
  • "オフィシャルサンタのジングルベル"『Jingle All the Way!』収録 (2007年11月28日)
  • Fes!Fes!Fes! (2007年12月8日)
  • 天辺 (2008年4月29日)
  • ギラギラダンス (2008年5月24日)
  • グランドキャバレット (2008年6月28日)
  • 東京砂漠で地団駄 (2008年7月26日)
  • 運命 (2008年8月23日)
  • 刹那 (2009年3月25日)
  • 闇夜でダンス (2011年7月7日)
  • NIP POP(2012年11月14日)

外部リンク[編集]