浅羽莢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅羽 莢子
誕生 1953年8月15日
東京都
死没 2006年9月18日
職業 翻訳家
国籍 日本の旗 日本
主題 小説
公式サイト 浅羽莢子のFine, Peace!
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

浅羽 莢子(あさば さやこ、1953年8月15日 - 2006年9月18日)は、日本英米文学翻訳者。女性作家の作品を多数、翻訳している。

インド・ボンベイ出生。日本SF作家クラブ日本推理作家協会会員。Dorothy L. Sayers Historical and Literary Society会員。筆名に西森咲也子(ニシモリ サヤコ) 。

外交官の父の赴任で米国、英国、マレーシアと3ケ国で生活を送った。1976年、東京大学文学部史学科卒業。1976年、講談社勤務を経て、1978年津田スクール・オヴ・ビジネス、東京YMCA各非常勤講師。1978年ハヤカワ・ミステリマガジン誌で翻訳デビュー[1]した。1981年より1年間英国ウォーリック大学大学院に留学。

2006年9月18日、がんで死去。享年53。

主な訳書[編集]

ミステリ・現代小説[編集]

  • シャーロット・マクラウド
    • 『納骨堂の奥に』(創元推理文庫、1989.3)
    • 『下宿人が死んでいく』(創元推理文庫、1989.9)
    • 『盗まれた御殿』(創元推理文庫、1990.7)
    • 『ビルバオの鏡』(創元推理文庫、1991.3)
    • 『消えた鱈』(創元推理文庫、1991.10)
    • 『唄う海賊団』(創元推理文庫、1992.10)
    • 『リサイクルされた市民』(創元推理文庫、1994.5)
    • 『復活の人』(創元推理文庫、1996.3)
    • 『お楽しみが一杯!』(創元推理文庫、1993.8、高田恵子との共訳)
    • 『潮の騒ぐ家』(創元推理文庫、1992.4、アリサ・クレイグ名義)
  • ジル・チャーチル 『主婦探偵ジェーン』シリーズ
    1. 『ゴミと罰』(創元推理文庫、1991.8)
    2. 『毛糸よさらば』(創元推理文庫、1992.12)
    3. 『死の拙文』(創元推理文庫、1995.12)
    4. 『クラスの動物園』(創元推理文庫、1996.4)
    5. 『忘れじの包丁』(創元推理文庫、1997.2)
    6. 『地上より賭場に』(創元推理文庫、1997.9)
    7. 『豚たちの沈黙』(創元推理文庫、1999.6)
    8. 『エンドウと平和』(創元推理文庫、2001.11)
    9. 『飛ぶのがフライ』(創元推理文庫、2007.1)
  • ドロシー・L・セイヤーズ 『ピーター・ウィムジイ卿』シリーズ
    1. 『誰の死体?』(創元推理文庫、1993.9)
    2. 『雲なす証言』(創元推理文庫、1994.4)
    3. 『不自然な死』(創元推理文庫、1994.11)
    4. 『ベローナ・クラブの不愉快な事件』(創元推理文庫、1995.5)
    5. 『毒を食らわば』(創元推理文庫、1995.11)
    6. 『五匹の赤い鰊』(創元推理文庫、1996.6)
    7. 『死体をどうぞ』(創元推理文庫、1997.4)
    8. 『殺人は広告する』(創元推理文庫、1997.8)
    9. 『ナイン・テイラーズ』(創元推理文庫、1998.2)
    10. 『学寮祭の夜』(創元推理文庫、2001.8)
  • シャーリン・マクラム
    • 『暗黒太陽の浮気娘』(早川書房 ミステリアス・プレス文庫、1989.7)
    • 『丘をさまよう女』(早川書房 ミステリアス・プレス文庫、1996.1)
    • 『いつか還るときは』(早川書房 ミステリアス・プレス文庫、1998.4)
  • テス・ジェリッツェン
    • 『命の収獲』(角川書店、1997.5)
    • 『中間生命体』(角川書店、1999.2)
    • 『僕の心臓を盗まないで』(角川文庫、2001.1)
  • ドロシー・キャネル
    • 『死がかよう小道』(現代教養文庫、1992.5)
    • 『未亡人クラブ』(ハヤカワ・ミステリ文庫、1992.8)
  • マイケル・ギルバート 『スモールボーン氏は不在』(小学館、2003.9)
  • クリスティン・グリーン 『看護婦探偵ケイト』(扶桑社ミステリー、2001.8)
  • チャールズ・パリサー 『大聖堂の悪霊』(早川書房、2000.9)
  • アン・ライス 『幻のヴァイオリン』(扶桑社、1999.12 扶桑社ミステリー、2001.11)
  • ジョン・フランクリン・バーディン 『悪魔に食われろ青尾蠅』(翔泳社、1999.10 創元推理文庫、2010.12)
  • アン・ペリー 『娼婦殺し』(集英社文庫、1999.8)
  • ピーター・ディキンスン 『毒の神託』(原書房、1998.3)
  • エイダン・チェンバーズ 『おれの墓で踊れ』(徳間書店、1997.11)
  • ナイオ・マーシュ 『ランプリイ家の殺人』(国書刊行会 世界探偵小説全集17、1996.10)
  • スティーヴ・セイヤー 『気象予報士 上・下』(角川文庫、1996.4)
  • エドマンド・ホワイト 『螺旋』(早川書房、1995.6)
  • ジェーン・S・ヒッチコック 『魔女の鉄鎚』(角川書店、1995.5 角川文庫、1997.7)
  • エマ・テナント 『影の姉妹』(筑摩書房、1993.9)
  • キャロライン・グレアム 『うつろな男の死』(創元推理文庫、1993.6)
  • モリー ハードウィック 『悪意の家』(現代教養文庫、1992.9)
  • ロバート・バーナード 『暗い夜の記憶』(現代教養文庫、1991.3)
  • アン・ハート 『ミス・マープルの愛すべき生涯』(晶文社、1989.4)
  • マーガレット・ヨーク 『殺意が疾る夜』(二見文庫、1987.5)
  • ポーリン・G・ウィンズロウ 『贋金シンフォニー』(早川書房、1981.8)
  • リアノー・フライシャー 『フェーム』(早川書房、1980.1)
  • フランク・パリッシュ 『蜜蜂の罠』(早川書房、1979.11)

SF・ファンタジー[編集]

  • ジョナサン・キャロル
    • 『死者の書』(創元推理文庫、1988.7)
    • 『我らが影の声』(創元推理文庫、1991.1)
    • 『月の骨』(創元推理文庫、1989.8)
    • 『炎の眠り』(創元推理文庫、1990.6)
    • 『空に浮かぶ子供』(創元推理文庫、1991.3)
    • 『犬博物館の外で』(創元推理文庫、1992.12)
    • 『沈黙のあと』(東京創元社、1994.12 創元推理文庫、1997.11)
    • 『天使の牙から』(東京創元社、1995.11 創元推理文庫、2007.5)
    • 『パニックの手:ジョナサン・キャロル短編集1』(東京創元社、1996.11 創元推理文庫、2006.5)
    • 『黒いカクテル:ジョナサン・キャロル短編集2』(東京創元社、1997.3 創元推理文庫、2006.7)
    • 『蜂の巣にキス』(創元推理文庫、2006.4)
  • ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
    • 『わたしが幽霊だったとき』(創元推理文庫、1993.10 東京創元社、2004.11)
    • 『九年目の魔法』(創元推理文庫、1994.9 東京創元社、上・下、2004.11)
    • 『ダークホルムの闇の君』(創元推理文庫、2002.10 東京創元社、上・下、2006.7)
    • 『グリフィンの年』(創元推理文庫、2003.8 東京創元社、上・下、2007.11)
  • スーザン・クーパー 『闇の戦い』シリーズ
    1. 『光の六つのしるし』(評論社、1981.5 評論社Fantasy classics、2006.12)
    2. 『みどりの妖婆』(評論社、1981.8 評論社Fantasy classics、2006.12)
    3. 『灰色の王』(評論社、1981.11 評論社Fantasy classics、2007.3)
    4. 『樹上の銀』(評論社、1982.10 評論社Fantasy classics、2007.3)
  • タニス・リー
    • 『闇の公子』(ハヤカワ文庫FT、1982.10 改版2008.9)
    • 『惑乱の公子』(ハヤカワ文庫FT、1986.7)
    • 『熱夢の女王』(ハヤカワ文庫FT、1989.3)
    • 『妖魔の戯れ』(ハヤカワ文庫FT、1990.7)
    • 『幻獣の書:パラディスの秘録』(角川書店、1992.5 角川ホラー文庫、1994.4 創元推理文庫、2015.2)
    • 『堕ちたる者の書:パラディスの秘録』(角川書店、1992.7 角川ホラー文庫、1994.10 創元推理文庫、2015.1)
    • 『幻魔の虜囚』(ハヤカワ文庫FT、1983.4)
  • アン・マキャフリィ
    • 『塔の中の姫君』(ハヤカワ文庫SF、1981.1)
    • 『クリスタルシンガー』(ハヤカワ文庫SF、1984.10)
    • 『キラシャンドラ』(ハヤカワ文庫SF、1987.10)
    • 『竜の夜明け 上・下』(ハヤカワ文庫SF、1990.3)
    • 『友なる船』(創元SF文庫、1995.5、マーガレット・ポールとの共著)
  • マーヴィン・ピーク 『ゴーメンガースト』三部作
    1. 『タイタス・グローン』(創元推理文庫、1985.4)
    2. 『ゴーメンガースト』(創元推理文庫、1987.2)
    3. 『タイタス・アローン』(創元推理文庫、1988.1)
  • ピアズ・アンソニイ 『クラスター・サーガ』シリーズ
    1. 『キルリアンの戦士』(ハヤカワ文庫SF、1991.9)
    2. 『タローの乙女』(ハヤカワ文庫SF、1991.11)
    3. 『オーラの王者』(ハヤカワ文庫SF、1992.1)
  • ケイト・コンスタブル 『万歌の歌い手:トレマリスの歌術師1』(ポプラ社、2008.6)
  • エリザベス・ハンド 『冬長のまつり』(ハヤカワ文庫SF、1994.2)
  • ジョエル・ローゼンバーグ 『眠れる龍:炎の剣士1』(現代教養文庫、1989.1)
  • ジョン・ベレアーズ 『霜の中の顔』(ハヤカワ文庫FT、1987.10)
  • ジョーン・D・ヴィンジ 『琥珀のひとみ』(創元推理文庫、1983.9、岡部宏之との共訳)
  • L・スプレイグ・ディ=キャンプフレッチャー・プラット 『妖精の王国』(ハヤカワ文庫、1980.6)
  • ジョイ・チャント 『赤い月と黒の山』(評論社、1980.4)

ゲームブック関連[編集]

  • スティーブ・ジャクソンイアン・リビングストン 『火吹山の魔法使い』(現代教養文庫、1984.12 扶桑社、2005.5)
  • スティーブ・ジャクソン
    1. 『シャムタンティの丘を越えて』(創土社、2003.8)
    2. 『魔の罠の都』(創土社、2003.12)
    3. 『七匹の大蛇』(創土社、2004.5)
    4. 『諸王の冠』(創土社、2005.3)
  • イアン・リビングストン
    • 『雪の魔女の洞窟』(現代教養文庫、1986.4)
    • 『恐怖の神殿』(現代教養文庫、1987.1)
  • マーク・ガスコイン編 『モンスター事典:ファイティングファンタジー』(現代教養文庫、1986.10)

参考資料[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1978年10月号掲載のジェイムズ・ヤッフェ作「袋小路」

外部リンク[編集]