浅川範彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅川範彦
生誕 1865年
土佐国土佐郡秦村
死没 1907年1月10日
研究分野 細菌学
研究機関 国立伝染病研究所
主な業績 ジフテリア破傷風などの研究
プロジェクト:人物伝

浅川 範彦(あさかわ のりひこ、1865年 - 1907年1月10日)は、明治時代の細菌学者、医学博士北里柴三郎に師事し、ジフテリア破傷風などの血清研究に功績を残した。生前は日本の免疫学の第一人者であり、丹念に追求していくその研究手法は「探偵的研究」とも呼ばれた。日本細菌学会賞の一つに、その功績を記念する浅川賞がある。

人物[編集]

1865年慶応元年)1月に、土佐国土佐郡秦村に生まれる。中江兆民の従兄弟。旧高知藩士。県立医学校で医学を学び、卒業後上京して、済生学舎で造詣を深めた。1889年に郷里に戻って開業、1890年高知病院に招かれ、副院長となる。

1894年に再び上京して、北里柴三郎に師事。1896年に、浅川丹毒治療法と呼ばれる丹毒の治療法を開発。北里が新たに伝染病研究所を開いたときに助手となり、ジフテリア血清療法の研究に師事して大きく貢献した。また、血清薬院が創設されると、その製造を担当した。

1899年4月に国立伝染病研究所部長となり、講習を担当して後輩を指導した。1900年にはビダール反応チフス菌診断に応用し、浅川診断液を製造他にも破傷風の毒素の作用を研究し、破傷風菌の毒素が神経中枢を侵すことを原因まで突き止めた。余暇に『實習細菌學』などを著し、1901年医学博士の学位を授かる。

1907年1月10日に病気で死亡。北里は彼の業績を記念して浅川賞を設立した。

著書[編集]

  • 『虎列刺のむし』(大和田篤治・出版 1891年7月)[1]
  • 『實習細菌學』(1896年4月)[2]
  • 『実布垤里亜血清応用論』(細菌学雑誌社 1897年4月)[3]

参考[編集]