浅井純哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅井 純哉(あさい すみや、1957年7月13日 - )は、金沢高等学校保健体育科教諭。前同校野球部監督。同校野球部OB会常任理事。

来歴[編集]

石川県輪島市出身[1]。金沢高等学校野球部OB内野手(甲子園出場経験はなし)。国士舘大学準硬式野球部では投手。

輪島市の高校で臨時職員として勤務した後、1981年昭和56年)に母校へ戻り、野球部コーチ[1]。責任教師を経て、1993年平成5年)秋より野球部監督就任[1]2011年平成23年)6月、育成功労賞を受賞[1]。同年10月の山口国体を最後に勇退を発表した[2]。後任は野球部長の岩井大2012年(平成24年)8月より鵬学園高等学校野球部監督就任。

白山市(旧:美川町)の自宅を下宿として、輪島市など県内の遠隔地および希望する野球部員の面倒をみる。野球部OBである大松尚逸(現千葉ロッテマリーンズ)も金沢市内に自宅がありながら、下宿生として生活していた。

甲子園での成績[編集]

春:出場4回

  • 1994年(平成6年) - 2年連続6回目の出場(星稜高と共に石川県勢初の複数校選出)

1回戦×江の川(島根県)戦で中野真博完全試合達成

  • 2001年(平成13年) - 7年ぶり7回目の出場
  • 2004年(平成16年) - 3年ぶり8回目の出場
  • 2011年(平成23年) - 7年ぶり9回目の出場

夏:出場7回

  • 1996年(平成8年) - 3年ぶり7回目の出場

北海に勝ち、3回戦で前橋工に敗退

  • 1997年(平成9年) - 2年連続8回目の出場

1回戦で仙台育英に敗退

  • 2001年(平成13年) - 4年ぶり9回目の出場

滑川に勝ち、3回戦で平安に敗退

  • 2003年(平成15年) - 2年ぶり10回目の出場

1回戦で木更津総合に敗退

  • 2006年(平成18年) - 3年ぶり11回目の出場

浦和学院に勝ち、2回戦で智弁和歌山に敗退

  • 2008年(平成20年) - 2年ぶり12回目の出場

1回戦は、諸問題により出場を危ぶまれた桐生第一(6-1で勝利) 2回戦では、同大会の優勝校である大阪桐蔭と延長10回の末5-6で惜敗

  • 2011年(平成23年) - 3年ぶり13回目の出場

1回戦では伊勢工業に勝ち、続く2回戦では聖光学院にも勝ち、同校史上初の夏の大会2勝達成。3回戦では習志野に1-2と惜敗するも、ベスト16進出で国体出場も決める。

脚注[編集]

関連項目[編集]