浅井タケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅井 タケ旧姓: 山田、1902年4月5日 - 1994年4月30日)アイヌ名: タハコナンナ(Tahkonanna)は、樺太アイヌ語話者としてアイヌ語・伝承文学の記録に大きく貢献した[1]。樺太アイヌ語最後の話者であった[1]

人物・生涯[編集]

父, 山田チクユピ(アイヌ名: SAHPO), 母,テツ子(アイヌ名: TEKAKUNKEMAH)に 当時ロシア領であった樺太珍内町西海岸のアイヌコタン, オスタフ(小田洲)で生まれるが、生後まもなく失明する。 父親は1902年病死、母親はタケが18歳のときに亡くなる。 幼少期より、子守で生計を立てた。

真岡町出身のアイヌ・浅井政治と結婚し、太平洋戦争後は北海道平取町振内に移住した。1961年に夫と死別し、1974年に門別町立特別養護老人ホーム「得陽園」で暮らし始める。1983年に、言語学者の村崎恭子と面会した際、樺太アイヌ語が完璧であったことが確認されている。1993年5月札幌の東札幌病院に入院し、1994年4月30日、同病院にて92歳で死去。

著作物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]