浄蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浄蔵(じょうぞう、寛平3年(891年)- 康保元年11月21日964年12月27日))は、平安時代中期の天台宗。父は三善清行。兄弟に日蔵がいる。

宇多法皇に師事して出家比叡山玄昭密教を、大慧に悉曇を学んだ。扶桑略記によれば、909年延喜9年)怨霊となり藤原時平を祟っているという菅原道真を調伏しに行くが、時平の両耳から青竜に化現した道真が現れ祈祷を制止したので調伏を辞退した。その後、ほどなくして時平は死去したという。 935年承平5年)から940年天慶3年)にかけて平将門が関東で乱をおこすと、その調伏のため修法を行い霊験があり、その他にも験があたったという。美声の声明を行うことでも知られ、また天文医薬にも通じていた。