浄福寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
浄福寺城
東京都
浄福寺城遠景
浄福寺城遠景
別名 新城、案下城、松竹城、千手山城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 大石信重
築城年 至徳元年(1384年)か
主な改修者 北条氏
主な城主 大石氏北条氏
廃城年 天正18年(1590年
遺構 土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度40分15.72秒
東経139度14分47.96秒

浄福寺城(じょうふくじじょう)は現在の東京都八王子市下恩方町にあった日本の城山城)である。

概要[編集]

中世山城である。新城(にいじょう)、案下城(あんげじょう)、松竹城(まつたけじょう)、千手山城(せんじゅさんじょう)など様々な別称で呼ばれていた。城の南側、陣馬街道に沿って、大石氏によって開基された浄福寺がある。この寺は、当時武将が待機する居館との説もある。一帯は八王子市史跡となっている。八王子市教育委員会の説明板によれば、大石氏は系図(山木伊藤家伝)によれば木曾義仲の後裔が信濃国大石郷に住んでいたが、1356年(延文元年)入間多摩に十三郷を得て多摩に移住し、二宮(現・あきる野市)から浄福寺城、高月城長禄2年)、滝山城(大永元年)と次第に大豪族となり城を移したといわれ、大石氏の経緯を知る上でも貴重な城跡であるという。

なお、近年において齋藤慎一が同地域に関する古文書や浄福寺城の遺構に関する分析から、従来の大石氏に関する伝承を否定して、浄福寺城こそが後の「由井領」の由来ともなった大石氏の本拠である由井城(ゆいじょう)であり、大石氏を継承した北条氏照も当初はここを本拠としており、永禄10年(1567年)頃になって初めて滝山城を築いて本城を移したとする説を提示している[1]

歴史・沿革[編集]

1384年(至徳元年)大石信重によって築城されたと言い伝えられる。一方、『新編武蔵風土記稿』によれば、「大石源左衛門尉入道道俊と云もの当所に居城を構へし」(道俊は大石定久といわれる)との記述もある。

後北条氏の時代になると、八王子城出城として使用されたとされる。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに浄福寺城も落城、廃城となった。

考古資料[編集]

遺構[編集]

標高360m(比高約150m)の山の尾根上に曲輪堀切土橋,虎口, 土塁のなど遺構が残る。

観光[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 齋藤慎一「戦国期『由井』の政治的位置」(初出:『東京都江戸東京博物館研究報告』第6号(2001年)/所収:齋藤『中世東国の道と城館』(東京大学出版会、2010年)第13章)

関連項目[編集]