浄法寺氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浄法寺氏(じょうほうじし)は、日本の氏族。

出自[編集]

浄法寺氏の本姓は平姓畠山氏元久2年(1205年)6月、畠山重忠とその子重保・重秀等は事に座して誅されたが、三男・重慶は難を逃れて、鎌倉浄法寺にて出家したのち奥州に下り還俗して、二戸郡安比川川谷の中心部岩手県二戸市)に住み着いたのが始まりと伝える(奥南旧指録)。

歴史[編集]

戦国期に安比川流域で屈指の大豪族となり、松岡太田駒ヶ嶺大森氏などの諸氏がこの一族という。

浄法寺重安は、天正19年(1591年)9月、九戸政実の乱において九戸城攻略の先鋒として活躍し乱後には5,000石となる。また盛岡城構築のさいにも奉行並5人衆として参加した。

慶長6年(1601年岩崎一揆において岩崎陣に参加したさい、重安の嫡男重好岩崎城代として前線警備の責任者であったが、南部勢が冬が迫っていたため春まで主力を撤収したあとに、密かに浄法寺に帰り春に再征したことが発覚し、その怠慢の罪を問われて廃家没収されて家系も断絶となった。

系譜[編集]

参考諸家系圖 二十
 <<異姓之二十>> 
本名畠山 後浄法寺
 葛原親王十一代秩父太郎平重弘 長男 紋五七桐 小紋村甲

          畠山庄司
            重能
            ┣━━━━━┓
            二郎  大串四郎
            重忠    重宗
   ┏━━━━━━━━┫     ┃
 畠山六郎   大夫大阿闍梨 (太田氏)
  重保       重慶坊
    ┃
    二郎
    重忠
    ┃
    某
    ┃
    太郎
    重基
   ┣━━━━┓
  松岡恒之  覚助                 
             ∥
     (此間十代不詳)     
        ∥
      浄法寺三十郎
        忠朝
        ∥
     (此間十三代不詳)
        ∥
      浄法寺帯刀
         重安
  ┏━━━━━╋━━━━━━┓
 修理  松岡藤右衛門  松岡市兵衛     重好    正吉     忠賀
 ┃      ┃      ┃
 (松岡左司馬家)┃       ┃    
    (松岡晋八郎家) (松岡建見家)

詳細な系譜は[1]

庶家[編集]

松岡氏[編集]

浄法寺松岡村(二戸市浄法寺町松岡)を領し、松岡館の郷村の在名を氏として分立した。浄法寺家没収後も南部家に従属していた。

太田氏[編集]

浄法寺太田村を領し、太田館の郷村の在名を氏として分立した。

西舘氏[編集]

浄法寺西舘に居て氏とする。

駒嶺氏[編集]

浄法寺駒嶺村に住して氏とする。

大森氏[編集]

浄法寺松岡氏分族にて、二戸郡大森村に住す。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 南部藩 参考諸家系図 第二巻』国書刊行会、1985年2月28日。ISBN 978-4-336-01145-9
  • 『岩手県史 第3巻 中世篇 下』岩手県、1961年10月20日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 3 岩手県』角川書店、1985年3月8日。ISBN 4-04-001030-2
  • (有)平凡社地方資料センター『日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名』平凡社、1990年7月13日。ISBN 4-582-91022-X
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第3巻 「岩手県姓氏歴史人物大辞典」』角川書店、1998年5月18日。ISBN 4-04-002030-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]