流通加工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

流通加工(りゅうつうかこう、Distribution processing)は、流通の段階において、商品の価値を高める目的で種々の加工を施すこと。加工作業は主に倉庫や物流センターで行われる。自動化が難しく、多くの人手を要する作業もある。

流通加工の例[編集]

  • 包装、梱包、封入
  • 検品
  • 組立て
  • 補修
  • ハンガー掛け
  • 小分け - 大容量の容器から、販売に適した大きさの容器に詰め替えること。
  • タグ付け、ラベル貼り - 値札や、衣料品の洗濯表示などを取り付けること。
  • 検針 - 衣料品において、製品にが残っていないか検査すること。
  • セット組み - 複数の商品を箱詰めして、贈答品などの詰合せを構築すること。

関連項目[編集]