流山ぐりーんバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
流山ぐりーんバス

流山ぐりーんバス(ながれやまぐりーんバス)は、千葉県流山市が運行するコミュニティバスである。東武バスセントラル西柏営業事務所京成バス松戸営業所が路線ごとに分担して運行受託している。

沿革[編集]

  • 1994年(平成6年)7月1日 - 「流山市内循環バス」として運行開始[1]。東武鉄道直営時代の東武バス[1]と京成バスが運行受託していた。当時は福祉バスとして運行されており、京成では貸切仕様の中型車を使用していた。
  • 2005年11月21日 - 「流山ぐりーんバス」として運行開始。江戸川台西ルート、江戸川台東ルート、松ヶ丘ルートの3ルート。[2]
  • 2007年3月1日 - 西初石ルート運行開始。
  • 2009年3月1日 - 美田・駒木台ルート運行開始。[3]
  • 2010年3月1日 - 野々下・八木南団地循環ルート運行開始。
  • 2013年6月3日 - 松ヶ丘ルートと野々下・八木南団地循環ルートを統合し、松ヶ丘・野々下ルートに再編。
  • 2017年4月1日 - 南流山・木ルート運行開始。

運行内容[編集]

運賃[編集]

運賃は利用するルートによって異なる(子供半額)。異なるルートに乗り継ぐ場合は、当日に限り乗継券を使えば現金運賃から100円割引(現金・ICカード共通)。障害者と妊婦は運賃が40円になる。乗継券は同じルートには使えない。

  • 割引運賃(全ルート共通)
  • 松ヶ丘・野々下ルート以外(均一料金、前払い)
    • ICカード157円・現金160円
  • 松ヶ丘・野々下ルート(距離制、後払い)[4]
    • 5.5㎞未満 ICカード157円・現金160円
    • 5.5㎞以上 ICカード178円・現金180円
    • 6.5㎞以上 ICカード189円・現金190円
    • 7.5㎞以上 ICカード199円・現金200円
    • 8.5㎞以上 ICカード210円・現金210円
    • 9.5㎞以上 ICカード220円・現金220円

路線[編集]

現行路線[編集]

江戸川台駅西口を発着し、江戸川台の西部地区を走る循環路線。
江戸川台駅東口を発着し、江戸川台の東部地区を走る路線。
  • 西初石ルート(2007年3月1日運行開始、運行委託:東武バスセントラル西柏営業事務所)
流山おおたかの森駅初石駅を経由し、初石地区を走る路線。
  • 美田・駒木台ルート(2009年3月1日運行開始、運行委託:東武バスセントラル西柏営業事務所)
流山おおたかの森駅を発着し、市東部の駒木台などを走る路線。
一部区間で柏市を経由し、「県民プラザ前」停留所は柏市内にある。
  • 松ヶ丘・野々下ルート(2013年6月3日運行開始、運行委託:東武バスセントラル西柏営業事務所と京成バス松戸営業所の共同運行)
後述の「松ヶ丘ルート」と「野々下・八木南団地循環ルート」を統合し、2013年6月3日運行開始。南柏駅と流山おおたかの森駅を結び、途中に松ヶ丘・野々下・豊四季駅を経由する。南柏駅・豊四季駅付近を走行するため、一部区間は柏市を経由し、一部のバス停が柏市内にある。
  • 南流山・木ルート(2017年4月1日運行開始、運行委託:京成バス松戸営業所)
南流山駅南口を発着し、南流山・木地区を走る循環路線。

過去の路線[編集]

下記はいずれも、「松ヶ丘・野々下ルート」新設に伴い廃止されたもの。

•野々下・八木南団地循環ルート(2010年3月1日 - 2013年6月2日運行、運行委託:京成バス松戸営業所)

流山おおたかの森駅や豊四季駅を経由し、八木地区(流山運転免許センターなど)を運行する路線。
•松ヶ丘ルート(2005年11月21日 - 2013年6月2日運行、運行委託:東武バスイースト西柏営業事務所(当時))
南柏駅を発着し、市南東部を経由する路線。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東武鉄道社史編纂室編『東武鉄道百年史 沿線とともに歩んだ百年』東武鉄道、1998年(平成10年)9月。
  2. ^ 新着情報 2005年”. 東武バス (2005年11月15日). 2008年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月2日閲覧。
  3. ^ 新着情報”. 東武バス. 2009年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月2日閲覧。
  4. ^ 松ヶ丘・野々下ルート運賃表(対距離区間制) 流山市

外部リンク[編集]