派遣秘書 (1993年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
派遣秘書
The Temp
監督 トム・ホランド
脚本 ケヴィン・フォールズ
製作 デヴィッド・パーマット
トム・エンゲルマン
製作総指揮 ハワード・W・コッチ・Jr
出演者 ティモシー・ハットン
ララ・フリン・ボイル
ドワイト・シュルツ
オリヴァー・プラット
フェイ・ダナウェイ
音楽 フレデリック・タルゴーン
撮影 スティーヴ・ヤコネリ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年2月12日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $6,419,876[1]
テンプレートを表示

派遣秘書』(はけんひしょ、原題: The Temp)は、1993年アメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。

ストーリー[編集]

製菓会社に勤めるエリート社員のピーターは被害妄想によるパラノイアに苦しめられていた。治療を終え、ようやく職場復帰を果たした彼のもとに、休暇中の秘書に代わり派遣会社からやってきた派遣秘書クリスが現れる。妖艶な雰囲気を持つ彼女に惹かれていくピーターだったが、彼女は強い上昇志向の持ち主で、自らの目的のためなら手段を選ばない冷酷さを持っていた。ピーターはそんな彼女に次第に恐怖を抱いていくが、ちょうどその頃、会社の幹部が相次いで事故や自殺で命を失っていく。これも彼女の手によるものではないかという不安に襲われる彼だったが、これも精神病による被害妄想なのではないかという疑いにも襲われ、ついに精神に異常をきたしてしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ The Temp”. Box Office Mojo. 2014年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]