洲羽国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洲羽国造
No image available.svg
本姓 須羽氏
家祖 建大臣命
種別 神別地祇
出身地 大倭国または出雲国
主な根拠地 諏訪(のちの信濃国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 木蘇国造長国造都佐国造守矢氏
凡例 / Category:日本の氏族

洲羽国造(すわのくにのみやつこ、すわこくぞう)は、のちに信濃国となる地域(科野国南部)を支配した国造である。

概要[編集]

表記[編集]

『修補諏訪氏系図.正編』[1]、『諸系譜』[2]洲羽国造、『先代旧事本紀』「国造本紀」の刊本[注釈 1][注釈 2]須羽国造との記載があり、それ以外の史料には洲羽国造は見られない。

祖先[編集]

  • 『修補諏訪氏系図.正編』によると建御名方神の後裔(「建御名方神 ー 伊豆早雄命箭津安賀多命 ー 健志名乃命 ー 武美名別命 ー 武美名別彦命 ー 八重隈根命 ー 弟足男命 ー 加禰足彦命 ー 武沼河命 ー会知早雄命 ー 真曽我男命 ー 建大臣命」)の建大臣命景行天皇朝に初代洲羽国造に任命されたと伝わる。
  • 『諸系譜』第六冊によると建御名方神の後裔の兄武彦命履中天皇朝に初代洲羽国造に任命されたと伝わる。ただし兄武彦命は『修補諏訪氏系図.正編』において建大臣命の息子にあたり、履中天皇朝任命とする記事は誤伝。また第十三冊では履中天皇朝任命の注記を消してある[4]
  • 各史料によって建大臣命(諸系譜第六冊では武国彦命、第十三冊では両方を記載)は建御名方神の御子神出早雄命の14世、12世孫、11世孫、6世孫と伝わる。
  • 古代氏族系譜集成』中巻記載の『諏訪氏系図』には「建御名方神―(4代略)―会知速男命(市速男命)―真曽我男命武国彦命(建大臣命)」となっており、これに従えば建大臣命は建御名方神の7世孫となる。

氏族[編集]

須羽氏(すわうじ、神氏とも)。三輪氏と同系の海神族で龍蛇信仰を持つ[5]。また『天孫本紀』には須羽直(すわのあたい)が登場し、を称していたともされる。乙穎の2世孫・国積の時代に庚午年籍神人部氏(みわひとべうじ)でを、後に宝亀三年に宿禰を賜り、再び諏訪氏を名乗る。神人部氏は三輪氏後裔からも輩出された。

入諏時期については諸説あるが、神氏の諏訪入りは神武東征によって磯城県主・三輪氏系の建御名方神や伊豆速雄命が大和から敗走した弥生時代の頃とする説がある[6]。実際に記紀から想定される建御名方神の逃走経路上に、龍蛇信仰を持つ海神族の祭器であった銅鐸が多数分布し、塩尻市からも三遠式銅鐸が出土している。また長野市三輪の地に式内美和神社を祀り、諏訪大社上社北方の大和(大輪)が諏訪郡美和郷と呼ばれ、上伊那郡辰野町にも三輪神社が鎮座し、更に諏訪大社に鉄鐸が伝わっていることに注目される[7]

本拠[編集]

国造の本拠は不明。のちの信濃国諏訪郡とも。諏訪には代々諏訪氏が奉斎した諏訪大社が鎮座し、周辺には5世紀前期のフネ古墳、5世紀中期の片山古墳が存在する。ただし科野国の古墳造営は、4世紀前期から始まる埴科古墳群など千曲川流域の北信(科野国造の支配領域)と、5世紀後半から始まる飯田古墳群など天竜川流域の南信(高森町以南)が中心であるため、諏訪に国造が置かれたとするのは疑問ともされる[8]。ただし飯田古墳群の築造勢力については定説がなく、南信には阿智村を本拠とする阿智祝部が存在した。また南信に諏訪氏の奉斎社と思われる古社も存在しない。

支配領域[編集]

洲羽国造の支配領域は当時科野国と呼ばれていた地域の南部(諏訪郡伊那郡)とされる。律令制の後、信濃国から一時諏訪国が分立したことがあり、これが旧洲羽国の領域ともされる[9]

古事記』には、大国主神の子建御名方神が諏訪に入国する際に、「科野国洲羽海」に至ると記される。

神代、出雲の国譲りに反対していた大国主神の次男・建御名方神が天津神建御雷神と争ってとって敗れ、助命されて科野国洲羽に住まわされたと伝わる。その地には諏訪大社が建立され、信濃国一の宮の格式を誇り武芸と開拓の神として尊崇を集めた。

弥生時代から古墳時代にかけての科野は、更級・埴科を中心とした千曲川流域であり、県内最大の前方後円墳で科野の大王の墳墓と目されている森将軍塚古墳を筆頭とした埴科古墳群が残されている現在の千曲市(旧更埴市)から川柳将軍塚古墳のある長野市南部(旧更級郡)にかけての一帯が科野の中心(科野国造)であったとされる[10]。一方諏訪地域に前方後円墳が造営されるのは下諏訪町下諏訪青塚古墳が唯一であり、この古墳は下社奉斎氏族の大祝金刺氏多氏同系)の奥津城と考えられる[注釈 3]

洲羽国は7世紀には既に信濃国の諏訪郡となっていたが、どの時期に統合されたのかは不明である。

氏神[編集]

奉斎社[編集]

諏訪郡にあり信濃国一宮諏訪大社(すわたいしゃ、位置)か。上社大祝は洲羽国造の後裔諏訪氏がつとめたが、神長官の守矢氏が大きな実権を握った。

関連神社[編集]

[編集]

洲羽国造歴代の奥津城は不明であるが、フネ古墳出土の蛇行剣は龍蛇信仰との関わりも指摘され[14][15][16]、国造祖神の建御名方神(あるいは)とみなす信仰は古くから伝わる[17][18][19]事情もある。

人物[編集]

『修補諏訪氏系図.正編』及び『古代氏族系譜集成』に記される洲羽国造を以下に記載する。ただし実際には健隈照命は建大臣命の孫と見られるため[20]、同人異名が一代分重複されている可能性がある。

  • 建大臣命(たけおおおみ の みこと、武国彦命/たけくにひこ の みこと)
    初代洲羽国造。景行天皇朝の人物で建御名方神の7世孫。
  • 兄武彦命(えたけひこ の みこと)
    建大臣命の子。弟の弟武彦命は初代木蘇国造とされる。
  • 健国津見命(たけくにつみ の みこと、大隈富命/おおくまとみ の みこと)
    兄武彦命の子。
  • 健隈照命(たけくまてる の みこと、武水上命/たけみなかみ の みこと)
    科野国造健甕富命の娘を娶る。武諸日命が幼少にして健甕富命が死んだため、科野国造を兼任したとされる。
  • 武水隈命(たけみぐま の みこと)
    健隈照命の子。
  • 武背男命(たけせお の みこと)
    健隈照命の子とも武水隈命の子とも伝わる。
  • 武河隈君(たけかわくま の きみ)
    武背男命の子。国造表記はないが須羽君姓を賜る。科野国造後裔の伊努古君と同代であるため、履中天皇朝の人物か。

女性[編集]

系譜[編集]

大穴牟遅神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建御名方神事代主神
(神武天皇岳父)
 
 
 
 
伊豆早雄命比売多多良伊須気余理比売
 
 
(3代略)
 
 
会知速雄命
(市速男神)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真曽我男命科野国造家]
阿蘇比売命
武五百建命の后)
 
 
 
 
建大臣命
(初代洲羽国造
 
 
 
 
 
 
兄武彦命
洲羽国造
健稲背命
科野国造
 
 
 
 
健国津見命
洲羽国造
 
 
 
 
 
 
建隈照命
洲羽国造
武甕富命
科野国造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武背男命
洲羽国造
母は武甕富命の娘
武諸日命
(諸日別命)
建隈照命に養育される
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武河隈君
洲羽君姓を負う
健莒止理命健守矢命
 
 
 
 
 
 
広野君
洲羽君
(以下世襲)
伊努古君檜樹君
 
 
 
 
(武彦君)世襲彦命
 
 
 
 
大海君大磐君
 
 
 
 
倉見君金弓君
金刺舎人姓を負う
 
 
 
 
乙比売
(兄弟部)
 
麻背君
 
 
 
 
 
 
乙頴
神子・熊子
諏訪大神大祝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弟兄子
乙名子
諏訪大神大祝
鋤万呂
(下社祝を継ぐ)
赤兄
諏訪大神大祝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国積
諏訪大神大祝
庚午年籍の時に
神人部直姓を負う
豊頴
諏訪大神大祝
子虫
下社祝
春門
諏訪大神大祝
 
 
 
 
 
 
猪麿
諏訪大神大祝
井養
庚午年籍の時に
神人部直姓を負う
 
 
 
 
狭田野
諏訪大神大祝
 
 
 
 
鷹取
(豊麿)
諏訪大神大祝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁魚
(生足)
諏訪大神大祝
滝雄
諏訪大神大祝
政所殿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清主
(豊足)
諏訪大神大祝
宝亀3年5月に
神人部宿禰姓を賜る
清員
諏訪大神権大祝
清則
諏訪大神祝
宝亀3年に宿禰姓を賜る
信円
 
 
 
 
有員

脚註[編集]

  1. ^ 延川和彦著、「諏訪氏系図」『修補諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、25頁。
  2. ^ 中田憲信著、「神氏系図」『諸系譜』第六冊、第十三冊
  3. ^ 宝賀寿男著「諏訪社の奉斎氏族」『古樹紀之房間』、2010年。
  4. ^ 中田憲信著「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊
  5. ^ 宝賀寿男著、「諏訪神族の東国移遷」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年、115頁、116頁。
  6. ^ 宝賀寿男 (2008年). “長髄彦の後裔とその奉斎神社”. 古樹紀之房間. 2019年7月22日閲覧。
  7. ^ 宝賀寿男「長髄彦と磯城県主の系譜」『三輪氏―大物主神の祭祀者 (古代氏族の研究)』青垣出版、2015年
  8. ^ 佐藤雄一著『シナノの国造勢力』
  9. ^ 佐藤雄一著『シナノの国造勢力』
  10. ^ 福島正樹「信濃国のなり立ち」 古川貞雄・福島正樹・井原今朝男・青木歳幸・小平千文『長野県の歴史』 2003年 43ページ
  11. ^ 「神長守矢氏系譜」『諏訪史料叢書.巻28』諏訪教育会、昭和11年、34頁。
  12. ^ 宝賀寿男著「諏訪社の奉斎氏族」『古樹紀之房間』、2010年。
  13. ^ 中田憲信著「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊。
  14. ^ 大庭祐輔『竜神信仰: 諏訪神のルーツをさぐる』論創社、2006年、62-63頁。
  15. ^ 金井典美『諏訪信仰史』名著出版、1982年、74-94頁。
  16. ^ 寺田鎮子鷲尾徹太『諏訪明神―カミ信仰の原像』岩田書院、2010年、95頁。
  17. ^ 伊藤富雄「諏訪神社の龍蛇信仰」『古諏訪の祭祀と氏族』 古部族研究会編、人間社、2017年、191-215頁。
  18. ^ 宮坂光昭『諏訪大社の御柱と年中行事』郷土出版社、1992年、141-143頁。
  19. ^ 矢崎孟伯『諏訪大社』銀河書房〈銀河グラフィック選書 3〉、1986年、97-98頁。
  20. ^ 宝賀寿男著「諏訪社の奉斎氏族」『古樹紀之房間』、2010年。
  1. ^ 記事のない写本もある。那須国造の誤記とも。
  2. ^ ただし須羽国造の痕跡が見られるため、那須国造の記事と混同され消滅したか[3]
  3. ^ スグモ塚古墳や二子塚古墳が前方後円墳とする説もあるが、墳丘の破壊が著しく、詳細は不明とされる。

関連項目[編集]