洲本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洲本駅
AWAJI KOTSU HERD OFFICE.JPG
淡路交通旧洲本駅及び旧淡路交通本社
すもと
Sumoto
(0.7km) 寺町
所在地 兵庫県洲本市船場町
所属事業者 淡路交通
所属路線 淡路交通線
キロ程 0.0km(洲本起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年(大正14年)5月1日
廃止年月日 1966年(昭和41年)10月1日
テンプレートを表示

洲本駅(すもとえき)は、かつて兵庫県洲本市船場町(現在の栄町一丁目)にあった淡路交通(旧・淡路鉄道)の廃駅)である。当路線の始発駅であった。

歴史[編集]

  • 1925年(大正14年)5月1日 - 淡路鉄道当駅 - 洲本口(後・宇山)間延伸開業に伴い始発駅として開業[1]
  • 1943年(昭和18年)7月 - 社名改称に伴い淡路交通の駅となる。
  • 1966年(昭和41年)10月1日 - 淡路交通全線廃止に伴い廃駅。

駅構造[編集]

頭端式ホーム2面2線の地上駅であり、洲本観光会館ビルの一角に駅舎ホームがあった。

駅周辺[編集]

当時の当駅前には飲み屋、食堂、喫茶店などがあり、近くにカネボウの紡績工場(現・洲本市民広場)があった[2]

駅跡[編集]

当駅跡地は洲本バスターミナルと淡路交通本社・洲本営業所となっていたが、バスターミナル機能は洲本バスセンターに新設移転し、本社・洲本営業所機能も2020年2月1日に宇山(本社運輸部・洲本営業所)と賀集(本社総務部)に移転した[2][3]

隣の駅[編集]

淡路交通
淡路交通線
洲本駅 - 寺町駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「地方鉄道運輸開始並営業哩程変更」『官報』1925年5月6日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ a b 島に列車走った44年間”. 読売新聞社 (2014年1月6日). 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月15日閲覧。
  3. ^ 事務所移転のご案内

関連項目[編集]

外部リンク[編集]