洲崎大神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
洲崎大神
Susaki Okami 01.jpg
所在地 神奈川県横浜市神奈川区青木町5ー29
主祭神 天太玉命天比理刀売命
社格 郷社、神饌幣帛料供進社
創建 建久2年(1191年
別名 洲崎神社
地図
北緯35度28分17秒 東経139度37分46秒 / 北緯35.47139度 東経139.62944度 / 35.47139; 139.62944座標: 北緯35度28分17秒 東経139度37分46秒 / 北緯35.47139度 東経139.62944度 / 35.47139; 139.62944
テンプレートを表示

洲崎大神(すさきおおかみ)は、神奈川県横浜市神奈川区神社

歴史[編集]

1191年建久2年)に創建された。源頼朝安房国安房郡(現・千葉県館山市)の安房国一宮安房神社より分霊を勧請したものである。当初は鎌倉幕府直轄の神社であった[1][2]

現在は埋め立てられたが、かつては社前まで海になっていた。そして神輿を海まで担ぎ、海を通じて安房神社の神霊に出会う「御浜下祭」を挙行していた[3]

明治天皇東京行幸の際、境内に内侍所奉安殿が設けられた[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 洲崎大神神奈川県神社庁
  2. ^ 神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会 編『神奈川県の歴史散歩 上(歴史散歩14) 川崎・横浜・北相模・三浦半島』山川出版社、2005年、74p
  3. ^ 洲崎大神トップページ洲崎大神

参考文献[編集]

  • 神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会 編『神奈川県の歴史散歩 上(歴史散歩14) 川崎・横浜・北相模・三浦半島』山川出版社、2005年

外部リンク[編集]