洪天貴福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幼天王 洪天貴福
太平天国
第2代天王
Capture of the Junior traitor Hong Fuzhen, second scene.jpg
捕えられた洪天貴福(呉友如画、1886年)
王朝 太平天国
在位期間 1864年6月 - 10月
姓・諱 洪天貴→天貴福
生年 道光29年10月9日
1849年11月23日
没年 同治3年10月20日
1864年11月18日
洪秀全
頼蓮英
皇后 黄氏
黄氏
侯氏
張氏

洪 天貴福(こう てんきふく、ピンイン:hóng tian gui fu)は太平天国の第2代天王。初代天王洪秀全の長男。初名を天貴としていたが、後にの字が加えられた。

生涯[編集]

道光30年(1851年)に洪秀全太平天国を建国すると幼主に立てられ、同治3年5月3日1864年6月6日)、父の死後に天京(南京)にて幼天王として即位した。

7月、激しい攻防戦の末に天京が陥落すると洪天貴福は天京を脱出、浙江省湖州へと逃れ、8月末には更に江西の太平天国軍と合流すべく中原を北上した。しかし進軍の攻撃により10月9日に江西軍が崩壊すると、洪天貴福は付近を転々としたが、10月25日、江西石城荒山で清軍の捕虜となった。

捕虜となった洪天貴福は江西巡撫沈葆楨の命令で南昌で処刑された。享年15。

先代:
洪秀全
太平天国の第2代天王
1864年
次代:
滅亡