洪一茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホン・イルチョン
홍 일천
洪 一茜
生誕1947年
朝鮮人民共和国 平安南道平壌
配偶者金正日
子供金恵敬
洪一茜
各種表記
ハングル 홍일천
漢字 洪一茜
発音: ホン・イルチョン
英語表記: Hong Il-chon
テンプレートを表示

洪 一茜(ホン・イルチョン、朝鮮語: 홍일천1947年-)は、北朝鮮の最高指導者であった金正日の最初の夫人である。

人物・生涯[編集]

  • 金日成総合大学・露西亜文学科卒業。
  • 父は兵士であったが、朝鮮戦争で戦死した。
  • 金日成主席が正日に紹介したことがでキッカケで1966年に結婚し、一女である金恵敬(現在の最高指導者・金正恩の長姉)をもうけた。
  • 1969年に離婚した後、1977年から1991年までに最高人民会議のメンバーを務めていた。
  • 議会から退いた後には、1991年9月に金亨稷師範大学の学長に任命されたが、2012年6月に、70代を目前にして退任した[1]

註釈[編集]

  1. ^ Information from Korea unification center”. Cybernk.net. 2019年8月16日閲覧。