中勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津都市圏から転送)
Jump to navigation Jump to search

中勢(ちゅうせい)

  • 伊勢国の中部地域のこと。この記事で説明。
  • 市場において、高値安値の間にある中間的な価格の動向のこと。または、均衡価格の時間的変化のこと。
  • 先物取引相場において、1 - 2ヶ月先までの流れを指す言葉。これよりも短い期間の流れは「目先」、より長い期間の流れは「大勢」という。

中勢のデータ
2生活創造圏の合計
推計人口 492,369
(全県比:27.5%)
(2018年4月1日)
三重県の地域区分
伊賀 / 北勢 / 中勢 / 東紀州 / 南勢(伊勢志摩)

中勢(ちゅうせい)とは、令制国伊勢国の中部にあたる地域の名称で、現在の三重県を5つに区分した「北勢」「伊賀」「中勢」「南勢伊勢志摩)」「東紀州」のひとつ。人口は約52万人。

県民センター[編集]

県民センターの管轄地域とその地域の推計人口は以下の通り。

生活創造圏[編集]

県下では、9つの生活創造圏が県庁により設定されている。

中勢の範囲は、以下の2つの生活創造圏に相当する。推計人口も付記。

都市圏[編集]

津都市圏
—  都市雇用圏  —
津都市圏の位置(日本内)
津都市圏
津都市圏
座標: 北緯34度44分 東経136度31分 / 北緯34.733度 東経136.517度 / 34.733; 136.517
都道府県 三重県の旗三重県
中心都市 Flag of Tsu, Mie.svg津市
面積(2011)[1]
 - 計 2,075.15km2 (801.2mi2)
人口 (2010)[2]
 - 計 512,296人
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 2兆871億円
都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
美杉村 - - - - - 津 都市圏
512296人
津市
津市 津 都市圏
280045人
津 都市圏
299039人
津 都市圏
306704人
津 都市圏
308375人
津 都市圏
久居市
河芸町 四日市 都市圏
芸濃町 津 都市圏
482661人
美里村
安濃町
香良洲町
一志町
白山町
嬉野町 松阪市
三雲村
飯高町 - - - 松阪 都市圏
190542人
松阪市 松阪 都市圏
156295人
松阪 都市圏
180737人
松阪 都市圏
179564人
飯南町
多気町 多気町
勢和村
明和町 明和町
大台町 - 大台町
宮川村 - -
大宮町 - 松阪 都市圏 - 大紀町
紀勢町 - - - - -
大内山村 - - - - -

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 金本良嗣. “2010年 大都市雇用圏統計データ”. 東京大学空間情報科学研究センター. 2016年11月12日閲覧。
  2. ^ 平成26年度総合調査研究(地域経済の将来動向分析に関する調査研究)”. 経済産業省. 2016年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]