津軽中部広域農道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津軽中部広域農道(つがるちゅうぶこういきのうどう)は、青森県弘前市から西津軽郡鯵ヶ沢町に至る農道であり、“やなまみロード”という愛称がある。

概要[編集]

岩木山北麓に広がるりんご畑等を営む農家のために建設された。

弘前市中崎字平野付近で青森県道41号弘前環状線バイパスと連続、青森県道37号弘前柏線から分岐し、途中青森県道31号・青森県道35号五所川原岩木線青森県道39号長平町森田線交差して、鯵ヶ沢町北浮田町で国道101号と交差、屏風山広域農道に連続する。

なお、途中急カーブや急坂があるものの、ほぼ平行する青森県道31号弘前鯵ケ沢線より道幅が広い。

道路を整備するにあたり、荼毘館遺跡(だびだていせき)および十腰内遺跡縄文時代の遺跡発掘調査が行われている。[1][2]

地理[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 荼毘館遺跡 : 津軽中部広域農道整備事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書 NCID BN03438375(青森県埋蔵文化財調査センター)
  2. ^ 十腰内(1)遺跡 : 県営津軽中部広域農道建設事業に伴う遺跡発掘調査報告 NCID BA45571369(青森県埋蔵文化財調査センター)

関連項目[編集]