津谷典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津谷 典子(つや のりこ、1954年 - )は、日本人口学者。慶應義塾大学経済学部教授。元カリフォルニア工科大学客員教授。日本人口学会賞受賞。ブリヂストン会長兼CEOの津谷正明は夫。

人物・経歴[編集]

三重県出身[1]。1977年南山大学外国語学部英米科卒業。1986年シカゴ大学大学院博士課程修了、Ph.D.[2]。夫の津谷正明ブリヂストン会長兼CEO)とはシカゴ大学留学中に知り合った[3]

東西センター人口研究所リサーチ・フェローを経て、1989年日本大学人口研究所助教授。1993年日本大学経済学部助教授。1998年慶應義塾大学経済学部教授。2001年カリフォルニア工科大学客員教授[2]。2018年より日本人口学会会長。

"Prudence and Pressure: Reproduction and Human Agency in Europe and Asia, 1700-1900"で第13回(2012年)日本人口学会賞受賞[4]。2014年同書で義塾賞受賞[2]

著書[編集]

  • 『なぜ日本人口は減少するのか : 平成14年将来人口推計の意味』慶應義塾経済学会 2003年
  • 『長期的視点による人口変動とその構造的要因』慶應義塾大学 2004年
  • 『人口減少時代の日本社会』(阿藤誠と共編著)原書房 2007年
  • 『人口減少と日本経済 : 労働・年金・医療制度のゆくえ』(樋口美雄と共編)日本経済新聞出版社 2009年
  • "Prudence and pressure : reproduction and human agency in Europe and Asia, 1700-1900"マサチューセッツ工科大学出版局 2010年
  • 『少子化時代の家族変容 : パートナーシップと出生行動』(阿藤誠, 西岡八郎, 福田亘孝と共編) 東京大学出版会 2011年

脚注[編集]