津田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津田氏(つだし)は、日本氏族のひとつ。祖を異にする複数の系統がある。

平姓津田氏(織田氏系)[編集]

津田氏
家紋
横木瓜よこもっこう
本姓 桓武平氏資盛流
種別 武家
士族
出身地 近江国蒲生郡津田庄
著名な人物 津田信澄
津田信成
凡例 / Category:日本の氏族

近世大名織田氏の出自を平氏とする説においては、平家の子孫が近江津田庄(現在の近江八幡市)に逃れ津田姓を称し、その末裔がのちに越前に移住し織田氏となったとされるが、確証はない。この津田氏は織田氏と同族で、藤原氏忌部氏の系統が有力とされている。また藤掛氏も津田氏の一族である。

織田氏の直系から見て庶流に当たる一門は津田氏を名乗り、主家との区別を付けていた。例えば、織田信長の弟織田信勝(信行)の子津田信澄などである。また、同じく信長の一族とされる津田信成は大名に列したものの、江戸時代前期に改易されている。

江戸時代にも、丹波柏原藩主織田家の庶子出羽天童藩主織田家の庶子などに津田姓を称し、藩士に列した人物を確認できる。例えば、大和松山藩織田高長の五男津田頼房などである。

鳥取藩家老の津田氏も織田一族を名乗っている。初代は元綱で、その子・元房池田忠雄に従って8,000石を与えられた。3代・元匡池田光仲の移封に伴い、鳥取に移り、伯耆国八橋郡に所領を与えられた。元禄5年(1692年)、5代・元長の時に家老職に就いた。伯耆国八橋自分手政治明治維新まで続いた。菩提寺八橋陣屋そばの体玄寺、現在も津田家の墓所が存在する。

改易された織田信重の子孫が細川氏に従い、豊前小倉藩および肥後熊本藩の藩士となる。慶長から寛永年間に作成されたとする「妙解院殿忠利公御代於豊前小倉 御侍帳並軽輩末々共に」の物奉行に「津田三十郎」、側小姓に「津田左兵衛」の名が見える他、熊本県立図書館所蔵の慶安元年(1648年)の『真源院様御代御侍免撫帳』に「1千石 津田三十郎」、「4百石 津田半右衛門」、「3百石 津田平丞」とある。幕末の『肥後細川家分限帳』では5家の津田家が確認できる。このうち、津田平助(1000石)家の津田平士は西南戦争熊本隊に従軍する。また津田信弘(山三郎、400石)は実学党にくみし、奉行(参政)となる。

加賀藩前田氏に仕えた津田正勝中川重政弟)を祖とし、加賀藩人持組として奉行職や家老職を務めた津田玄蕃家も、織田氏の出身であるとされているが、斯波氏であるともされる。

伊予橘姓津田氏(楠木氏系)[編集]

津田氏
家紋
菊水きくすい
本姓 橘氏楠木氏流
家祖 津田正信
種別 武家
地下人百姓
平民
主な根拠地 紀伊国
著名な人物 津田算長
津田出
凡例 / Category:日本の氏族

楠木正儀の養子、津田正信を祖とする。

戦国時代紀州根来衆を率いる津田算長は、種子島時尭より鉄砲を買い求め、関西への鉄砲伝来を実現させた。

1585年豊臣秀吉紀州征伐で当主津田算正杉ノ坊明算(自由斎)は討死にして、津田氏は没落した。その後は主家を転々とした後、紀州に帰農した。

また、幕末から明治初期に活躍した津田出陸軍卿代理、貴族院議員)と津田正臣(初代和歌山県知事)の兄弟も末裔と言われている[要出典]

源姓津田氏(斯波氏系)[編集]

加賀藩の家臣に津田氏を称する一族(家老職・1万石)があり、こちらは斯波氏の末裔を称している。祖は津田正勝津田義忠)で、斯波義近(津川義近[要出典])の子だという。維新後、津田正邦が斯波姓に復して斯波蕃と名乗り、男爵を授けられている。

ちなみに斯波義銀(後に津川義近に改名)は織田信長に追放された守護であるが、弟の津川義冬織田信雄の義兄弟だったり、織田信包の子で伊勢林藩織田信重しゅうとであったり、四男の津川近治織田長益の婿であったりと織田家との関係は深い。

その他[編集]

日本刀の刀工にも津田姓の人物が見られる。江戸時代津田越前守助広が有名である。