津田信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
津田信之
Tounji Nagoyashi 1.jpg
墓所(2017年11月)
時代 江戸時代前期
生誕 明暦元年(1655年[1]
死没 元禄11年7月8日1698年8月13日
改名 権之丞、信之、一渓
戒名 淵心院永雄一兮居士
墓所 東雲寺名古屋市西区)
主君 徳川義直光友
尾張藩士(御附属列衆)
氏族 織田氏津田氏
父母 津田知信、母:瀧川豊前守
兄弟 信正信之、女
親信信晋、左太郎

津田 信之(つだ のぶゆき)は、江戸時代前期の尾張藩士。小田井織田氏(藤左衛門家)の子孫。家紋は織田木瓜。津田貫流槍術の創始者。

概要[編集]

津田知信の次男として出生する。貫流槍術を開く。

初御目見以降、御通番、御書院番、御書院小頭、御足軽頭(300石)、黒御門御足軽頭となる。

元禄5年(1692年)、御鑓奉行となる。

元禄7年(1694年)、隠居。

元禄11年(1698年)7月8日病没する。戒名は、淵心院永雄一兮居士。

尾張藩4代藩主徳川吉通は幼少より信之の教授を受けている。愛知県名古屋市西区東雲寺に夫妻の墓碑がある。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日日本歴史人物事典 kotobank

参考文献[編集]

  • 『士林泝洄』
  • 『藩士名寄』