津村泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

津村 泰彦(つむら やすひこ、1947年4月2日 - )は、ウクレレ奏者、ウクレレ講師、ギタリスト作曲家編曲家。静岡県伊東市出身。

来歴[編集]

幼児期にヴァイオリン、思春期にウクレレとギターを手にする。 アマチュアバンドを経て、法政大学在学中、ザ・ダウンビーツ(コロムビア・レコード)「素敵なタミー」でデビュー。シングル4枚をリリース。その後、寺本圭一とカントリージェントルマン、石津啓介とバンダルス、ミッキーカーチスとバンガーズ他のグループに参加。

1968年森寿男とブルーコーツに入団。英国への音楽留学を経て、プロ・ミュージシャンとしてフリーに活動を開始。横田俊明(フルート室内楽)、松岡直也(ラテン)、森山良子(フォーク)、越路吹雪(ミュージカル)などと共演し、その他、多くの歌手のツアーをサポート。

1973年 - 1980年にかけて3回の渡英。75年 - 85年にかけて5回の渡米。

1980年インドおよびシルクロード。1981年韓国。1990年旧ソヴィエトなど広く世界に演奏の場を求め、演奏活動を展開し、演奏技術、感覚、欧米のセッションワーク、文化、言語等を実体験し、学び、身につけた(シンギング・イン・ザ・レイン、コーラス・ラインなどのツアーに参加)。

ピンクレディー井上陽水吉幾三のレコードにスタジオ・ミュージシャンとして参加する。フィーチャリング・アルバム(サンサーラ、アッサラム・アレィコム)2枚を残して引退。

2000年キム・ヨンジャにアルバムの一曲を提供し、ニューヨーク録音に参加。

また最近のミュージシャン活動としては、2009年2月19日にウクレレによるアルバム「湘南」を発売したほか、2010年7月には津村がウクレレやギターでアニメやゲームの楽曲を弾く動画がYouTubeニコニコ動画に多数投稿され、話題を呼んだ[1]

2011年 NTTナレッジ・スクウェア株式会社が運営するネットスクールにてウクレレ講座を開設。独自のラダー譜を使ってウクレレを教えている。

2011年11月6日、初のウクレレリサイタル「The First」を原宿クロコダイルにて開催。

2012年3月14日 ニコニコ生放送つるの剛士『つるのうた2』リリース記念特番 過去音源一挙放送&本人生出演!」にゲスト出演。つるの剛士とのウクレレのセッションを披露した。

楽曲提供[編集]

  • 「ヨコハマ・ホームタウン」小山仁美、JASRAC作品コード:023-5971-5
  • 「我、常しえに…」小山仁美、JASRAC作品コード:049-8663-6
  • 「ONE AFTER ANOTHER」彩木優花、JASRAC作品コード:091-5116-8
  • 「うわさの男カリフォルニア味」布施明、JASRAC作品コード:010-8082-2
  • 「NOVEMBER RAINY DAY~11月ノ雨~」星まさ子、JASRAC作品コード:084-3623-1
  • 「11月の雨」星まさ子、JASRAC作品コード:075-9709-6
  • 「もう一度」宮川たかし、JASRAC作品コード:037-5111-2
  • 「みちくさ」瀬川瑛子、JASRAC作品コード:051-5904-1
  • 「落ち葉のように…」星まさ子、JASRAC作品コード:075-9706-1

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]