津守小黒栖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津守 小黒栖(つもり の おぐるす、生没年不詳)は、奈良時代防人歌人下野国の人。宿禰下野・津守首古の子とする系図がある[1]

天平勝宝7歳(755年)2月、防人として筑紫に派遣される。『万葉集』に1首入集。

  • 母刀自も玉にもがもや戴きて角髪の中に合へ巻かまくも(万葉集20-4377)

脚注[編集]

  1. ^ 「紀伊牟婁郡海神社祝笠嶋系図」(鈴木真年『諸氏家牒』下 所収)

参考文献[編集]

関連項目[編集]