洞雲寺 (常滑市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洞雲寺(とううんじ)
Le Temple Tôun-ji - Le bâtiment principal "Hon-dô".jpg
本堂
所在地 愛知県常滑市井戸田町2丁目37番地
位置 北緯34度52分24.03秒
東経136度51分8.17秒
座標: 北緯34度52分24.03秒 東経136度51分8.17秒
山号 御嶽山
宗旨 西山浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1555年(弘治元年)
開基 善海法師(元亀3年寂)
中興年 文化年間(1804年1818年
正式名 御嶽山 洞雲寺
札所等 知多西国三十三所霊場第13番
知多四国八十八箇所第62番
法然上人知多二十五霊場第12番 
文化財 阿弥陀如来坐像(常滑市指定文化財)
公式HP 洞雲寺のホームページ
法人番号 1180005012369
テンプレートを表示

洞雲寺(とううんじ)は、愛知県常滑市にある西山浄土宗寺院山号は、「御嶽山」(みたけざん)。本尊阿弥陀如来坐像は平安末期の作とされ常滑市指定文化財である。知多四国八十八箇所第62番の札所、知多西国三十三所霊場第13番の札所、法然上人知多二十五霊場第12番の札所。ご利益が深い「むねなで大師」、の寺としても有名。

歴史[編集]

弘治元年(1555年善海法師が創建。かつてこの地にあり「御嶽三百坊」と称された高讃寺の一院であったと伝える。

  • 平成22年5月21日 猫の姿をした「寧護大師(ねこだいし)」が奉納される。作者は小澤康麿。
  • 平成22年7月14日 吉祥・瑞兆とされる「双頭蓮」が開花。
  • 平成26年2月18日 「おもてなし観音」が建立される。

文化財[編集]

  • 常滑市指定文化財
    • 阿弥陀如来坐像

所在地[編集]

愛知県常滑市井戸田町2-37

外部リンク[編集]