洋介犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洋介犬
生誕 日本の旗 兵庫県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル ホラー漫画
代表作 『誘怪犯』
公式サイト http://ameblo.jp/yohsuken 30秒怪奇妙漫画ブログ「イヌギキ」〜犬列異伝〜
テンプレートを表示

洋介犬(ようすけん)は、日本ホラー漫画家兵庫県出身、京都府在住[1]。男性。

商業媒体でのPNとしてうえやま洋介犬(うえやまようすけ)を用いていたが、2013年4月以降より「洋介犬」に変更している。[2]

来歴・人物[編集]

子供の頃から漫画家を目指し、4コマギャグ漫画家としてデビューするが、怪談と戦国史が好きで[3]、20代後半頃に取材やインターネットで募集した実話怪談や創作怪談をショートホラー漫画や幽霊画として発表するブログ『誘怪犯』(現『イヌギキ』)を開設、ホラージャンルに転身したところ、1日3万HITの人気ブログとなり、2007年にはブログ漫画と描きおろし作をまとめた単行本『誘怪犯』が発行された[1]。ブログを継続しながら、ネットでは講談社MiChao!』にて『ヤミツキ 〜いのりの心霊日記〜』を連載配信[4]、紙媒体でも数々のホラー系の雑誌で活動している[1]

また、漫画執筆以外でも『怪談社[5]』のライブ・イベントに、2009年から参加している[6]

ホラー以外では『エッセイコミックWEBマガジン ゆるっとcafe』(竹書房)で、2011年から妻の菜波(BL、TL小説家)が腐女子であることをネタにしたギャグ・エッセイコミック『くさったよめがあらわれた!』を連載し、2012年には単行本化された[4]

ブログは『30秒怪奇妙漫画ブログ「イヌギキ」〜犬列異伝〜』と名を変え、2012年にはアクセス2000万超えになった[3]

筆名は「洋介犬」と書いて「ようすけん」と読み、自画像はメガネをかけた犬である[3]

作風[編集]

ブログ名に「30秒」と付いているように、4コマベースのショートショート漫画を得意とし、制作ペースも早い[1]。連載でも一話完結やオムニバス形式が多いが、『LA×LA×LA』といった長期に渡る長編も発表している[4]

内容はサイコ系・超常現象系・不条理系・実話系・時事ネタと多彩で、作風も後味の悪さを狙った不気味なものから、現実社会の不条理を斬る戒めや懲罰的な話、ギャグ要素が入ったブラックユーモア物まで幅広く存在する。当人は読者が恐怖を身近に感じるように「日常生活をフックにするネタ」を意識して仕込んでおり、「お持ち帰り系ホラー」と評されたとインタビューで答えた[1]

作品[編集]

  • マガサスビヨリ - 『ホラーM』(ぶんか社、2009年12月号 - 2011年8月号)
  • 歴女るの! - 『GANMA!』(コミックスマート、2014年4月27日 - 2016年3月23日)
  • インガ様応報す - 『コミクリ!』(講談社、2017年12月19日 - 2019年8月13日)
  • 外れたみんなの頭のネジ - 『GANMA!』(コミックスマート、2015年6月14日 - 連載中)
  • ジゴサタ~地獄の沙汰もお前しだい - ゴラクエッグ(日本文芸社、2019年7月10日 - 連載中)

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『月刊ぱふ』2010年9月号。
  2. ^ 改名決定しました。|30秒怪奇妙漫画伝「イヌギキ/誘怪犯」
  3. ^ a b c 『くさったよめがあらわれた』カバー折り返し作者紹介。
  4. ^ a b c 外部リンク参照
  5. ^ 怪談社
  6. ^ 怪談社活動履歴

参考文献[編集]

外部リンク[編集]