波部忠重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
波部 忠重
生誕 1916年3月21日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (2001-12-29) 2001年12月29日(満85歳没)
日本の旗 日本 神奈川県川崎市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 動物学貝類学
研究機関 京都大学九州大学東海大学
国立科学博物館
主な業績 日本貝類学会名誉会長、日本の貝類学の発展
主な受賞歴 勲三等瑞宝章
プロジェクト:人物伝

波部 忠重(はべ ただしげ、1916年3月21日 - 2001年12月29日)は、日本の貝類学者。日本貝類学会名誉会長、日本動物分類学会名誉会員、勲三等瑞宝章[1][2]

日本産貝類の分類学的研究を進め、1600以上の分類群(科、属、種など)を記載した[2]。また専門研究者だけでなくアマチュア研究者へも広く指導を行い、後進の育成に力を入れていた[1][3]。また、昭和天皇相模湾で収集した貝類コレクションを『相模湾産貝類』(1971年)として黒田徳米大山桂らと共にまとめたことでも知られる。

生涯[編集]

1916年(大正5)3月21日、兵庫県多紀郡日置村(現:篠山市)に生まれる[1]。 大阪府立池田師範学校時代(1934年-1936年)に同級生に誘われて徳之島に昆虫採集に出かけた際、肝心の昆虫が採れずに海岸で貝を拾ったのがきっかけで貝の美しさに魅了され、貝の勉強を始めた[4]:自序

1936年に師範学校卒業後して大阪府堺高等小学校訓導となり、1939年に京都帝国大学理学部(動物学)選科に入学。この頃京都大学の動物学教室には当時日本の貝類学の泰斗黒田徳米がおり、その下で貝類の生態や分類を研究した。

1949年に京都大学助手に就任。1957年に同大で「内湾の貝類遺骸の研究」という論文題目で理学博士を取得し、同じ年に九州大学理学部附属の天草臨海実験所に助教授として着任[1]。 1961年に保育社から『続・原色日本貝類図鑑』を出版。「波部図鑑」と通称され、先行書の吉良哲明著「原色日本貝類図鑑」(通称:吉良図鑑)と並び20世紀後半の日本におけるバイブル的貝類図鑑として版が重ねられた。

1962年に国立科学博物館へ移り、1980年に定年退職となるまで勤めた。退官後、東海大学教授などを務めて、後進の指導にあたった[1]。1986年に、70歳で勲三等瑞宝章を授与された[1]

1979年から日本貝類学会の会長を8期16年にわたって務め、その発展を牽引した[2]。1996年に同会の名誉会長に推戴。

2001年12月27日に発作によって倒れ、聖マリアンナ医科大学病院に搬送されたが、2日後の12月29日に脳出血によって死去[3]。享年85。

年表[編集]

主な著書[編集]

  • 『日本産貝類概説』第1-3冊 (1951-1952年、貝類文献刊行会)
  • 『続・原色日本貝類図鑑』 (1961年、保育社)
  • 波部忠重、伊藤潔『原色世界貝類図鑑 北太平洋編』 (1965年、保育社)
  • 波部忠重、小菅貞男『原色世界貝類図鑑 熱帯太平洋編』 (1966年、保育社)
  • 『カラーブックス157 日本の貝』 (1968年、保育社)
  • 黒田徳米波部忠重大山桂・生物学御研究所編『相模湾産貝類』(1971年、丸善
  • 『カラー自然ガイド 貝の博物誌』 (1975年、保育社)
  • 『二枚貝綱/掘足綱―日本産軟体動物分類学』 (1977年、北隆館)
  • 波部忠重、西脇三郎、奥谷喬司『軟体動物学概説』 上下 (1994-1999年、サイエンティスト社)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 奥谷喬司 (2002). “波部忠重博士”. タクサ : 日本動物分類学会誌 (13): 3-4. NAID 110002538137. 
  2. ^ a b c 奥谷喬司 (2002). “弔辞(故 波部忠重名誉会長追悼)”. ちりぼたん (日本貝類学会) 33 (1-4): 1-2. NAID 110004760147. 
  3. ^ a b 土屋光太郎 (2002). “波部忠重先生を偲んで”. みどりいし (13): 34. 
  4. ^ 波部忠重 (2000) 傘寿記念出版 波部忠重記載の貝類 1 腹足綱(異鰓類以外). 波部忠重博士傘寿記念事業会. xvii+891 pp. 東京.

関連項目[編集]