波遊ぎ兼光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波遊ぎ兼光(なみおよぎかねみつ)は、二代長船兼光作の日本刀

上杉家に伝えられていたが、後に戦国時代の武将で近世大名立花宗茂に渡り立花家の重宝となった。江戸幕府第8代将軍徳川吉宗が再三にわたり観賞を希望したが、立花家は応じなかった。

名前の由来は2説ある。一つは、斬られた者が川に飛び込んで逃げ、泳いでいるうちに首が落ちた、または真っ二つになったためとされる。もう一つは、竜の彫り物が波間を泳いでいるように見えるためとされる。

関連項目[編集]