波才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波 才(は さい、? - 184年[要出典])は、中国後漢末期の人物。潁川黄巾軍の指揮官の1人。『三国志』には記述がなく、『後漢書霊帝紀・皇甫嵩伝に記述がある。

184年春、張角の挙兵に呼応し、張曼成張燕博陵郡の張牛角らと同時に、それぞれ各地で挙兵した。波才は、潁川郡で朱儁らの官軍を相手に善戦し撃破した。波才はこの機を逃すまいと、籠城する皇甫嵩・朱儁を包囲することに成功し戦いを有利に進めたが、5月[1]皇甫嵩の強風を利用した火計と曹操の援軍によって大敗を喫した。

後に汝南郡に移ったが、勝ちに乗じた皇甫嵩・朱儁と、当時朱儁の配下にいた孫堅の追撃を受け、再び敗れた[2]

小説『三国志演義』には登場しない。

出典[編集]

  1. ^ 『後漢書』霊帝紀
  2. ^ 『後漢書』皇甫嵩伝

外部リンク[編集]