波多野福太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波多野 福太郎(はたの ふくたろう、1890年(明治23年) - 1974年(昭和49年)12月)は、日本ジャズオーケストラ指揮者ヴァイオリニスト

経歴[編集]

東京芝中門出身。東洋音楽学校(現東京音楽大学ヴァイオリン科卒業[1]。在学中はヴァイオリンをアウグスト・ユンケルに、チェロウエルク・マイステルコルネット西郷直袈裟に習う。

1912年より8年間アメリカ航路の客船に乗り込んだ後、1921年頃、弟の波多野鑅次郎と共にセミクラシックのハタノ・オーケストラ(後の日本交響楽協会)を結成[2][3][4]。映画館の幕間演奏や、花月園ダンスホールなどで演奏活動を行うなど、それまで日本に無かったジャズのパート譜や演奏技術を日本に持ち込み、創成期の日本ジャズ発展に大きく貢献した[2]

また、乗泉寺吹奏楽団の初代団長・指揮者を兼任した[5]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成19年度 学校法人東京音楽大学 事業報告書 {{{1}}} (PDF) 3頁目「金春マーチ」作曲者欄に注記有り。
  2. ^ a b もう一度響け 金春マーチ 読売新聞社、2006年11月28日付
  3. ^ 横浜開港150周年:音楽評論家・瀬川さん、ジャズの記念講演 /神奈川 読売新聞社、2009年2月20日付
  4. ^ ジャズ MSNエンカルタ百科事典ダイジェスト
  5. ^ 乗泉寺吹奏楽団 楽団の紹介

参考文献[編集]

  • 『ポピュラー音楽人名事典』日外アソシエーツ、1994年7月1日(初版)、ISBN 978-4816912238