波多野承五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
波多野承五郎

波多野 承五郎(はたの しょうごろう、1858年12月29日安政5年11月25日[1]) - 1929年(昭和4年)9月16日)は日本の実業家、元衆議院議員慶應義塾出身で福澤諭吉の弟子。『時事新報』記者、慶應義塾評議員、三井銀行理事、玉川電気鉄道取締役。

年表[編集]

  • 1858年(安政5年) - 掛川城下の町奉行屋敷にて波多野半蔵の長男として生れる[2]
  • 1869年(明治2年) - 掛川藩の英語学校に入学。
  • 1871年(明治4年) - 慶應義塾入塾。
  • 1876年(明治9年) - 慶應義塾卒業。母校の教師となる。その後東京市市会議員。
  • 1878年(明治11年) - 三菱会社に入る。
  • 1879年(明治12年)12月 - 三菱会社を退社。
  • 1882年(明治15年)3月 - 『時事新報』創立から在社、主筆。
  • 1884年(明治17年)7月 - 外務省に出仕、天津領事などを務める。
  • 1890年(明治23年) - 家督を継ぐ
  • 1892年(明治25年) - 『朝野新聞』の社長、主筆。
  • 1920年(大正9年) - 第14回衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選(立憲政友会・栃木4区)。

著書[編集]

  • 『北支那朝鮮探検案内 附・朝鮮事件由来』杉山虎雄共著 林平次郎 1894
  • 『谷の家』編 籾山仁三郎 1920
  • 『古渓随筆』実業之日本社 1926
  • 『梟の目 第二古渓随筆』実業之日本社 1927
  • 『食味の真髄を探る』万里閣書房 1929 犬養智子編 新人物往来社 1977
  • 『東海道 随筆』万里閣書房 1930

親族[編集]

次男は波多野元武(三井物産)で、その子(孫)が犬養智子である。長女みねは草間時光(草間時福次男)に、次女花は松井春生に、三女春は富井恒雄(男爵富井政章四男)にそれぞれ嫁いだ[3]草間時彦は孫。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、12頁。
  2. ^ 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)、神戸大学新聞記事文庫
  3. ^ 波多野承五郞『人事興信録』第8版

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]