波多野乾一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

波多野 乾一(はたの けんいち、1890年12月23日 - 1963年12月29日)は、日本新聞記者中国研究者、中国演劇(京劇)研究者。

大分県出身。東亜同文書院卒業。1913年大阪朝日新聞社入社。北京特派員、時事新報社北京特派員。戦後は産業経済新聞論説委員榛原茂樹の筆名も用いた。

著書[編集]

  • 現代支那 (支那問題社、1921年)
  • 支那關税會議 (燕塵社、1925年)
  • 支那劇と其名優 (新作社、1925年)
  • 支那の排日運動 (東亜研究会(東亜研究講座)、1932年)
  • 現代支那の政治と人物 (改造社、1937年)
  • 支那劇大観 (大東出版社、1940年)
  • 赤色支那の究明 (大東出版社、1941年)
  • 中国国民党通史 (大東出版社(大東選書)、1943年)
  • 毛沢東と中国の紅星 (帝国書院(青年叢書)、1946年)
  • 毛沢東 中共を担ふ人々 (福地書店、1949年)
  • 麻雀の手ほどき (榛原茂樹 要書房(実用新書)、1954年)
  • 中国の国民党と共産党 (弘文堂アテネ文庫 世界歴史シリーズ)、1955年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]