法王庁の避妊法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法王庁の避妊法(ほうおうちょうのひにんほう)は、1986年篠田達明作の小説(『別冊文藝春秋』177号)である。篠田『法王庁の避妊法』(文藝春秋、1991)に収録されている。1989年にテレビドラマ化され、これを原作に1994年飯島早苗鈴木裕美によって戯曲化し、自転車キンクリートによって初演された。
この作品は、月経周期に関する「荻野学説」を荻野久作が発見する過程を巡って繰り広げられる先生とその周囲の人々の物語が描かれている。いわゆる「オギノ式」は、ローマ法王庁が初めて認めた避妊法であるところからこのタイトルがつけられている。名戯曲として数々の劇団で上演が繰り返されている。

戯曲[編集]

法王庁の避妊法論創社 (1996/12)

戯曲の上演履歴[編集]

  • 1994/12/10-1994/12/19 自転車キンクリートSTORE鈴木裕美 演出/全労済ホールスペース・ゼロ
  • 1996/12/11-1996/12/28 自転車キンクリートSTORE/鈴木裕美 演出/紀伊國屋ホール
  • 1999/02/20-1999/02/21 演劇ワークショッププロデュース公演(アステールプラザ中ホール)
  • 1999/09/23-1999/09/26 爆裂幻獣(大阪・ウイングフィールド)
  • 2001/11/27-2001/12/02 劇団朋友アトリエ
  • 2002/03/28-2002/03/29 コモンセンスカンパニー第17回(船橋市勤労市民センターホール)
  • 2002/06/18-2002/06/23 劇団NLT(千代田区立内幸町ホール)
  • 2002/11/23-2002/11/23 劇団ふぉるむ(西宮フレンテホール)
  • 2003/03/01-2003/03/02 福岡女学院大学演劇部&福岡大学演劇部第4回生卒業合同公演(ぽんプラザホール)
  • 2003/06/22-2003/06/29 劇団俳優座 LABO No.16(俳優座稽古場)
  • 2003/12/12-2003/12/28 ホリプロ/鈴木裕美 演出/世田谷パブリックシアター
  • 2004/03/27-2004/03/28 演劇ユニット 壱壱216(高山市民文化会館 小ホール)
  • 2004/09/02-2004/09/05 傑作を遊ぼう。rorian55?(阿佐ヶ谷アルシェ)
  • 2004/09/17-2004/09/19 劇団遊PAC(TACCS1179)
  • 2004/10/10-2004/10/12 劇団朋友(劇団朋友アトリエ)
  • 2004/12/18-2003/12/19 山口大学演劇サークル劇団笛 15周年記念公演(山口大学 大学会館)
  • 2005/03/19-2005/03/20 関西アクターズスタジオ(兵庫・ピッコロシアター 中ホール)
  • 2005/06/29-2003/07/03 劇団あかぺら倶楽部(東京芸術劇場小ホール2)
  • 2005/10/10-2005/10/10 劇団はちのす(秋田市文化会館)
  • 2005/11/24-2005/11/27 Silly Sissy Theaterプロデュース第1回公演(アトリエ・フォンテーヌ)
  • 2006/03/19-2006/03/19 劇団 空想力学 第12回公演(高松オリーブホール)
  • 2006/03/11-2006/03/11 劇団みずなら第9回公演(北海道・斜里町)
  • 2006/09/20-2006/09/24 演劇ユニット"Plug-In"(アイピット目白)
  • 2006/12/15-2006/12/17 俳優養成所PAC第9期上演実習(PAC2Fアトリエ)
  • 2007/01/06-2007/01/14 劇団ハイリンド第3回公演/下北沢「劇」小劇場
  • 2010/9/25 湘南アクターズ(平塚市民演劇フェスティバル)
  • 2010/10/29-2010/10/31 湘南アクターズワンコインシアター(劇団湘南アクターズアトリエ)
  • 2011/02/18-2011/02/20 南山大学演劇部「HI-SECO」企画冬期公演(G-pit )
  • 2011/4/15-2011/4/17  兵庫県立ピッコロ劇団 オフシアターVol.24(ピッコロシアター 中劇場)

出演者[編集]