法木秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法木 秀雄(ほうぎ ひでお、1945年 - )は日本の実業家経営学者早稲田大学経営大学院教授、元クライスラージャパン代表取締役社長、スタンフォード大学経営学修士

人物[編集]

千葉県木更津市富士見生まれ。

1969年一橋大学経済学部を卒業し、日産自動車入社。日産自動車村山工場総務部で人事及び日産自動車栃木工場建設を担当。その後本社で経営企画や経理を担当。1981年スタンフォード大学経営大学院 SLOAN Course修士課程修了、経営学修士

1992年BMW JAPANの常務として営業を担当。1996年クライスラージャパン代表取締役社長就任。1998年法木・アンド・アソシエイツ代表取締役。

2003年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授、2004年同教授。2007年早稲田大学大学院商学学術院教授。

自動車企業の経営戦略などの研究を行い、早稲田大学ビジネススクールで製造企業の世界戦略について教鞭をとる。2006年からは木更津応援団大使も務める。