法坂一広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
法坂 一広
(ほうさか いっこう)
誕生 保坂晃一
1973年
福岡県福岡市
職業 作家
国籍 日本の旗
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞大賞(2011年)
デビュー作弁護士探偵物語・天使の分け前
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

法坂 一広(ほうさか いっこう、1973年 - )は日本の推理作家弁護士福岡県福岡市出身、在住。京都大学法学部卒業。福岡県弁護士会所属、登録番号は27232。

略歴[編集]

2011年、『弁護士探偵物語・天使の分け前』(応募時タイトル『エンジェルズ・シェア』)で第10回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。

作品[編集]

単行本[編集]

弁護士探偵物語シリーズ[編集]

その他[編集]

  • 最終陳述(2014年4月 宝島社)

アンソロジー[編集]

「」内が法坂一広の作品

  • 『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー(2012年2月 宝島社文庫)「新手のセールストーク」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 降車編(2012年12月 宝島社文庫)「それでもキミはやってない」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 夏の記憶 西口編(2013年7月 宝島社文庫)「サマータイム」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 冬の記憶 西口編(2013年12月 宝島社文庫)「福岡国際マラソンに出る方法」

不祥事[編集]

法坂は2001年に、遺産相続を巡って相談してきた男性から預り金名目で500万円を受け取った後、2010年から2015年にかけ5つの契約を締結したが、いずれも契約書を作成せず、契約解消後も預り金の返還に応じず、相談した男性が2016年9月に福岡県弁護士会に懲戒請求。これを受け同弁護士会は2017年12月12日に、法坂を業務停止1ヵ月の処分とした[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作家弁護士を懲戒処分 福岡、法坂一広氏 産経新聞 2017年12月12日