法円坂遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
法円坂遺跡 高床式倉庫(復元)
法円坂遺跡の位置(大阪市内)
法円坂遺跡
法円坂遺跡
法円坂遺跡の位置

法円坂遺跡(ほうえんざかいせき、法円坂倉庫群)は、大阪府大阪市中央区大手前にある古墳時代遺跡。国の史跡に指定されている(史跡「難波宮跡 附 法円坂遺跡」として附指定)。

概要[編集]

倉庫群跡の標示

大阪市中心部、上町台地北端の難波宮跡北西部に位置する古墳時代の大倉庫群跡である。上町台地北端では難波宮以前の建物遺構約200棟が検出されており、本遺跡もそうした難波宮下層遺跡の1つになる[1]1987年昭和62年)からの旧大阪市中央体育館跡地での発掘調査で発見され[2]、現在は大阪歴史博物館NHK大阪放送局の敷地内に位置する[1]

遺跡内では建物遺構として掘立柱の大型高床式倉庫が計16棟検出されている[1][3]。この倉庫16棟は東西2群(東6棟・西10棟)に分かれるが、いずれも正方位の真東西に並ぶという古墳時代の建物としては例のない配置になる[1][3]。倉庫各棟は画一的な東西約10メートル・南北約9メートルの規模で[1]、現在はそのうち1棟が推定復元されている。

この法円坂遺跡は、古墳時代中期の5世紀前半頃の営造と推定され、古墳時代としては最大規模の倉庫群になる[1]。難波では古墳時代中期から難波宮まで絶え間なく建物が営造されるが、本遺跡はその起源的位置づけにある[1]。法円坂遺跡の北方では王権の手による難波堀江(人工運河)開削と難波津(王権の港)設置が知られており、本遺跡もそれらと関連する王権直轄の倉庫群と推測され[1][3]、文献上に見える「難波屯倉」に比定する説もある[4]。ただし発掘調査によれば、倉庫群は継続することなく廃絶したとされ、その後の難波は一度小規模化したのち6世紀頃から再び規模を拡大することとなる[1]

法円坂遺跡の範囲は2001年平成13年)に国の史跡に指定されている[5]。なお、同様の古墳時代の大倉庫群としては鳴滝遺跡和歌山県和歌山市)なども知られる。

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 難波宮跡 附 法円坂遺跡
    2001年(平成13年)1月29日、既指定の史跡「難波宮跡」に法円坂遺跡の範囲を追加して指定名称を「難波宮跡 附 法円坂遺跡」に変更[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 積山洋 2014, pp. 18-25.
  2. ^ 「難波宮跡」『日本歴史地名大系 28 大阪府の地名 I』 平凡社、2006年刊行後版(ジャパンナレッジ収録)。
  3. ^ a b c 史跡説明板。
  4. ^ 栄原永遠男 「難波屯倉と古代王権 -難波長柄豊碕宮の前夜-」 (PDF) 『大阪歴史博物館研究紀要 第15号』 大阪市文化財協会・大阪歴史博物館、2017年。
  5. ^ a b 難波宮跡 附 法円坂遺跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁

参考文献[編集]

  • 史跡説明板
  • 難波宮跡」『国指定史跡ガイド』講談社 - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。
  • 積山洋『東アジアに開かれた古代王宮 難波宮(シリーズ「遺跡を学ぶ」095)』新泉社、2014年、18-25頁。ISBN 978-4787713353

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分56.03秒 東経135度31分15.30秒 / 北緯34.6822306度 東経135.5209167度 / 34.6822306; 135.5209167 (法円坂遺跡)