泊駅 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
泊駅
駅舎
駅舎
とまり
TOMARI
南日永 (1.1km)
(0.7km) 追分
所在地 三重県四日市市泊町3-20
所属事業者 四日市あすなろう鉄道
所属路線 内部線
キロ程 3.6km(あすなろう四日市起点)
電報略号 トマリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
566人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1922年大正11年)1月10日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

泊駅(とまりえき)は、三重県四日市市泊町にある、四日市あすなろう鉄道内部線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

列車の交換

島式ホーム1面2線を持つ、行違い可能な地上駅。ホーム有効長は3両分。あすなろう四日市駅管理の無人駅であるが、駅舎内に自動券売機があり乗車券購入が可能。駅舎は線路東側の内部寄りにあり、ホームへは構内踏切で連絡している。

なお、入線列車は左側通行ではなく右側通行となっている。1989年(平成元年)に行なわれた単線自動閉塞化にあわせて、従来の左側通行から改められた。また列車の行き違いは日永駅でもできるが、同駅では内部線列車と八王子線列車による行き違いがほとんどで、内部線上下列車同士の行き違いは主に当駅で行われる。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 内部線 上り 日永四日市西日野方面
2 内部線 下り 内部行き

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り(但し、下記は当時全て近畿日本鉄道での集計である)[2]

  • 2012年11月13日:824人
  • 2010年11月9日:829人
  • 2008年11月18日:790人
  • 2005年11月8日:720人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 553
1998年 513
1999年 486
2000年 453
2001年 421
2002年 419
2003年 411
2004年 429
2005年 442
2006年 461
2007年 475
2008年 481
2009年 464
2010年 465
2011年 479
2012年 515
2013年 537
2014年 543
2015年 566

泊駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(泊駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 307,528 ←←←← 148,734 456,262      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 340,430 ←←←← 163,723 504,153      
1966年(昭和41年) 314,160 ←←←← 168,097 482,257      
1967年(昭和42年) 328,760 ←←←← 179,477 508,237      
1968年(昭和43年) 296,250 ←←←← 205,459 501,709      
1969年(昭和44年) 300,600 ←←←← 208,737 509,337      
1970年(昭和45年) 296,550 ←←←← 188,085 484,635      
1971年(昭和46年) 298,530 ←←←← 165,926 464,456      
1972年(昭和47年) 267,330 ←←←← 139,587 406,917      
1973年(昭和48年) 281,100 ←←←← 142,369 423,469      
1974年(昭和49年) 281,070 ←←←← 147,271 428,341      
1975年(昭和50年) 263,100 ←←←← 149,319 412,419      
1976年(昭和51年) 245,520 ←←←← 102,073 347,593      
1977年(昭和52年) 234,870 ←←←← 96,904 331,774      
1978年(昭和53年) 224,430 ←←←← 96,556 320,986      
1979年(昭和54年) 205,950 ←←←← 89,525 295,475      
1980年(昭和55年) 212,550 ←←←← 89,589 302,409      
1981年(昭和56年) 205,890 ←←←← 82,705 288,595      
1982年(昭和57年) 194,970 ←←←← 86,891 281,861 11月16日 1,215  
1983年(昭和58年) 183,330 ←←←← 89,373 272,703 11月8日 1,605  
1984年(昭和59年) 174,840 ←←←← 84,951 259,791 11月6日 1,170  
1985年(昭和60年) 161,370 ←←←← 82,633 244,003 11月12日 1,093  
1986年(昭和61年) 161,250 ←←←← 89,518 250,768 11月11日 1,144  
1987年(昭和62年) 165,540 ←←←← 80,871 246,411 11月10日 1,059  
1988年(昭和63年) 170,220 ←←←← 83,247 253,467 11月8日 1,089  
1989年(平成元年) 161,160 ←←←← 79,807 240,967 11月14日 1,105  
1990年(平成2年) 164,460 ←←←← 74,500 238,960 11月6日 1,078  
1991年(平成3年) 163,410 ←←←← 74,028 237,438      
1992年(平成4年) 156,870 ←←←← 74,632 231,502 11月10日 934  
1993年(平成5年) 143,850 ←←←← 75,619 219,469      
1994年(平成6年) 140,880 ←←←← 84,122 225,002      
1995年(平成7年) 150,030 ←←←← 100,651 250,681 12月5日 999  
1996年(平成8年) 135,240 ←←←← 86,515 221,755      
1997年(平成9年) 119,730 ←←←← 82,153 201,883      
1998年(平成10年) 112,410 ←←←← 74,991 187,401 11月10日 821  
1999年(平成11年) 111,990 ←←←← 65,787 177,777      
2000年(平成12年) 104,340 ←←←← 60,929 165,269      
2001年(平成13年) 94,710 ←←←← 59,009 153,719      
2002年(平成14年) 94,920 ←←←← 57,940 152,860      
2003年(平成15年) 95,160 ←←←← 55,388 150,548 11月11日 719  
2004年(平成16年) 95,550 ←←←← 58,342 153,892      
2005年(平成17年) 105,390 ←←←← 56,000 161,390 11月8日 720  
2006年(平成18年) 112,530 ←←←← 55,783 168,313      
2007年(平成19年) 118,080 ←←←← 55,736 173,816      
2008年(平成20年) 119,160 ←←←← 56,231 175,391 11月5日 790  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←          
2016年(平成28年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

JR南四日市駅とは対照的に、周辺にダイソー、Vドラッグ、美容院、バッティングセンターなどの施設が豊富で、過疎化を奇跡的に免れた。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

四日市あすなろう鉄道
内部線
南日永駅 - 泊駅 - 追分駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 駅別乗降人員 八王子線 内部線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]