この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

泉夏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉 夏子
Natsuko Izumi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-08-01) 1987年8月1日(31歳)[1]
出身地 日本の旗 山口県山口市[1]
ラテン文字 Natsuko Izumi
身長 177cm[1]
体重 77kg[1]
選手情報
愛称 ナツ
ポジション OP
指高 233cm
利き手[1]
スパイク 290cm
テンプレートを表示

泉 夏子(いずみ なつこ、女性、1987年8月1日 - )は、日本バレーボール選手である[1]Vプレミアリーグ岡山シーガルズに所属していた。

来歴

山口県山口市出身。実父がバレーボールクラブチーム監督や市バレーボール協会役員を歴任した人物で[2]、夏子もその影響で小学3年からバレーボールを始める。高校は全国的な強豪校である県下の誠英高等学校に進学し、3年次には主将としてチームを春高バレーベスト4へ導いている[3]。一方、2004年9月に開催されたアジアジュニア選手権では準優勝の原動力となり、自らもベストスコアラー・スパイク賞・サーブ賞に輝いた[1]2005年には全日本シニア代表候補メンバーに初選出される。同年の中国遠征に参加した。

2006年にVプレミアリーグNECレッドロケッツに入団したが[1]、成績は在籍3シーズンで出場セット数はわずか29セットにとどまった[4]。NEC退団後[5]、地元に戻った夏子は9人制クラブチームでプレーしたが、同年代の選手がプレミアリーグで活躍するのを目の当たりにして、6人制へのバレー熱が再燃し、2014年12月に岡山シーガルズのトライアウトを受け合格した[6]。翌年2月、Vリーグ登録された[7]。背番号は55で、野球選手で左の強打者である松井秀喜に肖った。

2015年2月7日の対日立戦に途中出場し[8]、6年ぶりのプレミア復帰を果たした。

2017年5月、岡山シーガルズは泉の退団を発表した[9]

球歴

  • ジュニア代表 - 2004年
  • シニア代表 - 2005年

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[10]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2006/07 NEC 27 18 35 8 22.9% % 1 0.06 26 1 3.85% 7.7% 21 81.0% 10
2007/08 14 11 63 24 38.1% % 2 0.18 32 2 6.25% 11.7% 51 41.2% 28
2008/09 7 0 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0
2014/15 岡山 6 13 15 6 40.0% % 0 0.00 17 1 5.88% 7.6% 15 40% 7
2015/16 21 72 352 134 38.1% % 16 0.22 161 7 4.35% 11.4% 117 61.9% 157
2016/17 21 70 470 176 37.4% % 9 0.13 253 12 % 11.8% 237 62.4% 197

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『月刊バレーボール』 2008年11月号臨時増刊 Vリーグ観戦ガイドブック 35ページ
  2. ^ きらら山口クラブ. “山口から新風を”. 2015年1月14日閲覧。
  3. ^ 日本文化出版. “第36回春の高校バレー - 女子トーナメント表”. 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ Vリーグ機構. “選手別記録”. 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ NECレッドロケッツ. “勇退選手のお知らせ”. 2015年2月22日閲覧。
  6. ^ 山陽新聞. “シーガルズ、元NECの泉を獲得 入団テスト合格 6年ぶり現役復帰”. 2015年1月14日閲覧。
  7. ^ Vリーグ機構. “選手詳細”. 2015年2月7日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報”. 2015年2月22日閲覧。
  9. ^ 退団選手のお知らせ”. 岡山シーガルズ. 2017年5月31日閲覧。
  10. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年2月1日閲覧。

外部リンク