沼 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

』(ぬま)は、つげ義春による日本の短編漫画作品。全14頁からなる。1966年2月に、『ガロ』(青林堂)にて発表された[1]

解説[編集]

『沼』が生まれるきっかけとなった寿恵比楼旅館

つげのその後の表現上の転換となる画期的な作品。それまでの漫画界にはなかった表現主義的な作風が、さまざまな議論を巻き起こした。つげ自身、発表の翌年に初めて会った権藤晋(高野慎三)に対し「完璧に仕上がった」と自負している。ギャグ漫画の「ノンコ&甚六シリーズ」の『兄貴は芸術家』と同月に発表されたが、作風は全く異なる[1]

それまでの作品とは絵柄も突然変って硬質なものへと変化し、説明としてのコマを一切排除し、丁寧なコマ割りとなり、非常に凝縮された構成をとる。内容的には成熟する手前の少女特有の神秘性、エロティシズム、少女の性的な存在感などがテーマとなっているが、つげ自身は具体的に何を描こうとしたのか説明できないと述べている。作中では少女と義理の兄との怪しい関係を匂わせているものの、ついにその実態は明かされず、唐突なラストシーンで終わる。

この終わりのないラストシーンの描き方は『李さん一家』、『ねじ式』、『ゲンセンカン主人』などに受け継がれるが、読者が受けるその不思議な感覚やあいまいさこそが、つげが意図したものであった。

発表当時、つげは白土三平やガロ編集長の長井勝一などよりも、読者であり仲間である深井国辰巳ヨシヒロなど身近な者の反応を心配した[1]

寿恵比楼旅館のすぐ脇を流れる夷隅川。そのよどんだ感じが「」のイメージを呼び起こしたともいわれている。

この作品は、白土三平との千葉県大多喜への旅行で寿恵比楼旅館に宿泊した際に、旅館の当時17-18歳の少女の、千葉の方言丸出しの言葉遣いがヒントとなり生まれた。つげはこの美しい少女の外観と言葉遣いとのギャップにエロスを感じたものの、作品にする際には千葉の方言では身近すぎてイメージが膨らまず、井伏鱒二の「言葉について」という作品に使われた山陰地方の方言を真似て使用した。実際は、つげが引用したのは井伏の造語であったが、後に井伏は「井伏鱒二全集」発刊時に正しい山陰弁に修正してしまう。つげが読んだのは、文庫本の古い版であった[1]

作中に登場するおかっぱ頭の少女は、それ以降たびたび、つげの作品に登場することになる。以前より少女を描くのが苦手であったつげは、作品での少女のイメージがどうしても思い浮かばず、永島慎二の貸本時代のキャラクターを見て真似た。この作品が評論に取り上げられたり後世に残ることを全く予想すらせず、明日の保証のない世界で盗作や模倣に関しては全く罪悪感はなかったとつげは述懐する。ただし、つげは永島の描く少女は自身の描いたキャラクターに比し、少し癖があり、好まないとも述べている。ストーリーに関しては永島の影響は全く受けておらず、つげ独自の世界を余すことなく開陳した[1]

当時のつげは生活苦に加え、精神的にも混乱し閉ざされており、虚無的であった[1]

あらすじ[編集]

アオダイショウS-P8305010.jpg

ハンチング帽を被り森に狩りにやってきた主人公の青年は、沼のほとりで無表情で不思議なおかっぱの少女に出会う。撃ち落としたはずの雁を探す青年に対して、少女は雁のもぎ取った首を差し出す。少女は青年を自宅へ案内し、2人きりにすると扉を閉め切ってしまう。少女は部屋の中でヘビを飼っており、眠っているときに「私の首をしめにくる」、「夢うつつなれど 蛇にしめられると いっそ死んでしまいたいほどいい気持ちや」と謎の言葉を残し眠りに就く。深夜になっても眠れない青年は、そっと少女の首を絞めてみる[1]

翌朝、少女は義兄に見知らぬ男を泊めたことを責められるが、少女はヘビが逃げてしまったことをしきりに訴える。青年は1人、沼のほとりに立ち、対岸に向け引き金を引く[1]

評価[編集]

  • つげ自身は「ラストを作ったときにうまくいったなと思った。このラストを思いついて、もうこれしかないと思った」と語った。
  • 『ガロ』に発表された後で、辰巳ヨシヒロは神保町の喫茶店でつげに向かい「わからない」「何を描いたんですか?」といった。
  • 権藤晋は、見た瞬間に「虚無とは何か」を考えた。
  • 久保隆は、権藤晋、宮岡蓮二との対談の中で『もっきり屋の少女』や『海辺の叙景』に登場する女性などをひきあいに出し、つげ作品に登場する様々なタイプの女性を全部ひっくるめると女性論や、あるいは女性観ができるが、これはつげ義春の女性観であると同時に、あたかも普遍性のようにすごい説得力を感じさせる、と述べた。これに対し権藤が、それが性的なものと関係してくるのかと問うたのに対し、久保は「ある」、つげ義春の核みたいなもののひとつで、1970年代になってくるともっと露骨な性愛描写や独特のエロティシズムを見るものに感じさせるが、『沼』、『海辺の叙景』、『もっきり屋の少女』の場合は、そのエロティシズムが抑制的である分だけ、かなり尖鋭的であったと思う、と述べた[2]

収録文献リスト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『つげ義春漫画術』(下巻)1993年10月 ISBN 4-948-73519-1ISBN 978-4-948-73519-4
  2. ^ 「ゲンセンカン主人」つげ義春作品集(双葉社)1984年4月28日発行