油淋鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

油淋鶏(ユーリンチー、ヨウリンジー、簡体字: 油淋鸡 yóulínjī)は、揚げた鶏肉に、刻んだ長ネギと醤油ベースのタレをかけた中国料理。鶏(jī)の中国語での発音は(つづり字に反して)無声音の [tɕi] だが、日本人の耳には「ジー」と聞こえることがあるため、ヨウリンジーともいう。

日本の中国料理店では「油淋鶏」とメニューに書かず、代わりに「若鶏のから揚げ ネギ香味たれ」などと書いている店もある。

油淋鶏の種類として、衣付きの油淋鶏と、衣なしの油淋鶏がある。また、骨付きの油淋鶏と骨なしの油淋鶏がある。日本では「骨なし・衣付き」の店が多いが、本場中国の油淋鶏は「骨付き・衣なし」の店も多い。衣の有無で食感がかなり違う。 タレは主に醤油、生姜、砂糖、ごま油等で作られる。酢やにんにく、唐辛子を加える場合もある。

よく似た料理としてアメリカ風中華料理レモンチキンオレンジチキンがある。 また日本で考案されたチキン南蛮は、甘酢に漬けタルタルソースをかけることが多い。