油井洋明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

油井 洋明(ゆい ひろあき、1958年12月10日-)は、日本地方公務員土木技術者

神戸市役所にて土木技術職の出世コースとされている都市計画畑を長く歩み、都市計画局計画部計画課街路係長、都市計画総局計画部主幹、都市計画総局計画部長、建設局道路部長、建設局長などの主要な職を歴任し、2019年4月に神戸市副市長就任。

神戸市民生活協同組合理事長兼務。

人物・経歴[編集]

  • 1977年3月-兵庫県立小野高等学校卒業。
  • 1981年3月-神戸大学工学部土木工学科卒業[1]
  • 1983年3月-神戸大学大学院工学研究科土木工学専攻修了[2]
  • 1983年4月-神戸市採用。
  • 2003年4月-北区まちづくり推進部まちづくり推進課長。
  • 2005年4月-都市計画総局計画部主幹。
  • 2008年4月-建設局西部建設事務所副所長。
  • 2010年4月-建設局中央水環境センター長。
  • 2012年4月-都市計画総局計画部長。
  • 2014年4月-建設局道路部長。
  • 2017年4月-建設局長[3]
  • 2019年4月-神戸市副市長

現在、危機管理室、建設局、建築住宅局、港湾局、消防局、水道局、監査事務局を所管し、三宮駅前再整備事業、人口減少社会への対応、大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)の計画・事業、ジャイアントパンダ貸与に関する中国との交渉などを進めた[4][5][6][7]

神戸市民生活協同組合理事長兼務[8]

入職時の直属の上司が、後に都市計画局長から神戸市助役となる松下綽宏であった。

また、元神戸市長である笹山幸俊の指揮の下、都市計画局にて、阪神・淡路大震災の復興都市計画事業(土地区画整理事業、市街地再開発事業、街路事業)にも取り組んだ。

脚注[編集]